冨永ボンドの作品がすごい!プロフィールや出身・結婚についても!

tominagabondo1

両手を広げてボンドを持っているのは冨永ボンド

よく見ると全身ボンドまみれですね!

相当ボンド好きなんだと思いますが、この不思議なアーティスト富永ボンドさんの作品が今、巷で人気沸騰中だそうです!

そんなわけで、富永ボンドさんのプロフィールや作品について調べてみました!

スポンサーリンク

ボンドアートとは?

tominagabondo2

ボンドアートとは、木工用ボンドを使って描かれる作品のことです!

その特徴は立体的な黒いボンドのラインで、富永ボンドさんはライブペイントと称してパフォーマンスをしながら作品を仕上げることでも注目を浴びています!

tominagabondo3

tominagabondo4

ボンドならではの質感が斬新ですね!

冨永ボンドのWikiプロフィール

tominagabondo5

名前:冨永 ボンド(とみなが ぼんど)

生年月日:1983年3月23日(33歳)

出身地:福岡県福岡市

学歴:福岡デザイン専門学校

職業:BOND GRAPHICS President/画家(ボンドアート)/ラジオパーソナリティ

富永ボンドさんは1983年生まれの33歳。

ボンドグラフィクスという会社の社長さんでもあります。

この会社はグラフィックデザインから芸術療法、そしてグッズの通販まで幅広く活躍していて、ボンドさんはNBCラジオ佐賀でラジオパーソナリティーとしての顔も持っています!

ボンドさんが現在抱いている野望は、世界一影響力のある画家になるということ。

2014年には、ニューヨークで開かれたアートエキスポにも出店を果たしたボンドさんは、今年、パリのアートフェスで単独ブースを出典する予定だそうです!

世界一の影響力をもつ画家、そのポジションに向けて、着実に階段を昇っているようですね!

スポンサーリンク

出身は?

tominagabondo6

この車なら、ひろーい駐車場の施設に行って駐車位置を忘れても、一発で発見できますね!

冨永ボンドさんの出身地は福岡県福岡市です!

福岡デザイン専門学校を卒業してからしばらくして、25歳の時に現在のボンドグラフィックスを立ち上げたボンドさんは、2014年に活動拠点を佐賀に移しています!

現在は西九州大(佐賀県)リハビリテーション学部助手としても活躍しているボンドさん、芸術療法についてのサークルも立ち上げ、医療とアートをつなぐ架け橋としても頑張っているそうです!

ところで佐賀県というと、はなわSAGAさが~♪を思い出しますね♪

優木まおみさんや荒川良々さん、江頭2:50も佐賀県出身ですよね!

都会だよね!とは正直言い難い佐賀ですが、ボンドさんは佐賀に密着していて、地元LOVEのようです!

結婚は?

tominagabondo7

冨永ボンドさんは2014年に結婚しています!

お相手がどんな女性なのかは明らかになっていませんが、結婚するまでは福岡を拠点に活動されていて、結婚を機に佐賀に引っ越してきたようですね!

作品がすごい!

tominagabondo8

壁画を作り上げていくところなんか、最終的な構図が出来上がっているのでしょうね!

それでもライブで絵を描き上げるなんてすごいと思います!

ライブペイントを行う時には、先着二名のみ、靴をボンドさんが汚してくれるのだそうです!

その名もボンドさんの靴汚し 料金はペンキ代の100円だけ!

自分の靴がボンドさんの手によってアート作品となるのですから、たった100円でいいのか!?

と困惑してしまいそうですね!!

通販は?

tominagabondo9

公式サイト(http://www.bondgraphics.com/)では、ボンドさんの作品である

・スマホカバー

・サングラス

・キーボルダー

・オリジナル絵画

などを購入することができます!

tominagabondo10

富永ボンドさんのアトリエはボンドバという名前で、開放日にはボンドアート体験ができてボンドさんと会うこともできます!

しかも!金曜日の夜には大人にうれしいサービスが!

なんと、ボンドさんのアトリエがバーに変貌を遂げるのです!

ドリンクはだいたい1杯500円だということで、おしゃれなアート空間でお酒を楽しむことができます!

ボンドバ

住所:佐賀県多久市北多久町小侍703-21

電話:0952-37-8646

料金:入場無料(アトリエ入場は+1Drink order)

ボンドさんに会えるというところが、ファンにはうれしいところでしょうね!



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする