べっぴんさんのモデルやキャストは?あらすじや主題歌もチェック!

beppinnsan1

2016年の後期朝ドラは「べっぴんさん」です!

主演は、2200人の中からオーディションで選ばれた19歳の芳根京子ちゃん!

洋裁好きな少女が時代に翻弄されながらも戦後の日本で子供服の会社を創設し、大きくしていくというこの物語。

べっぴんさんの元となった実在の人物や、キャストに主題歌など、いろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

べっぴんさんのモデルは?

beppinnsan2

べっぴんさんのモデルは坂野惇子(ばんのあつこ)さんという実在の女性です。

日本全国に店舗展開をする老舗子供服専門店「ファミリア」の創業者4名の中の一人でもあります。

彼女はクラスメイトとともに戦後の日本で手作りの子供服を製造販売し始め、欧米の育児方法を取り入れるために、今まで日本になかったベビー用品の開発や製造も始めた女性です。

幼少期は裕福な家庭で過ごした板野惇子さん。

戦争にその人生を翻弄され、一時は結婚した夫の行方が分からないという時期もありましたが、親戚や周囲の人間の助力と彼女の努力で洋裁の小さなお店を育児・ベビー用品のお店として大きく成長させていきました。

べっぴんさんのあらすじは?

beppinnsan3

主人公の坂東すみれ(芳根京子)は昭和の初めごろ、比較的裕福な家庭の次女として生まれます。

会社経営者の父と優しい母、そして活発な姉に囲まれて幸せな幼少期を送ったすみれは、小さなころから洋裁が好きで、何事もやり始めると没頭するという性格。

彼女が大人になり、結婚したばかりの頃に太平洋戦争が勃発し、夫は出征してしまいます。

そして夫不在の中ですみれは、長女を出産しました。

故郷の神戸は空襲で被害を受け、すみれの実家も財産や家財道具が焼けてなくなってしまいます。

生まれたばかりの娘を抱えながら、行方不明の夫の帰りを待つすみれは、戦後の日本で得意の洋裁の腕を生かし、子供服づくりを始めます……。

キャストは?

beppinnsan4

坂東すみれ役:芳根京子

刺繍や縫物が好きで、一度作業を始めてしまうと周りが見えなくなるほど没頭してしまう。

そんなヒロイン坂東すみれを演じるのは芳根京子ちゃんです!

上地雄輔さんのライブに行った時にスカウトされて芸能界入りしたという異色の経歴を持つ芳根京子ちゃん。

高校一年生の時の学園祭では、クラスみんなで映画をつくり、その時は脚本と監督を京子ちゃんが務めたそうです!

アマチュアとはいえ監督を経験しているとなると、その演技力にも期待がかかりますね!

beppinnsan5

坂東五十八役:生瀬勝久

合理主義で、新しいものが大好き。そして、二人の娘にはめっぽう甘いという坂東五十八(ばんどういそや)を演じるのは生瀬勝久さん!

コメディもシリアスもカツラもヤクザも医者も演じこなす生瀬さん。

朝のテレビ小説は、三度目の出演となります。

ちなみに、NHKの朝ドラに出演する前は、槍魔栗三助(やりまくりさんすけ)という芸名を使っていましたが、天下のNHKに出演する俳優の名前としてはちょっとヤバイということで芸名を変えたことは、知る人ぞ知る生瀬勝久トリビアの一つです。

beppinnsan6

坂東はな役:菅野美穂

すみれとゆりの母を演じるのは菅野美穂さんです!

2015年8月13日に俳優で夫の堺雅人さんとの間の第一子となる男の子を出産して、その子が1歳を迎えたことから、本格的に女優としての仕事に復帰したようですね!

beppinnsann5

坂東ゆり役:蓮佛美沙子

主人公すみれの姉・ゆりを演じるのは蓮佛美沙子ちゃん!

一時期塩顔男子なんていう言葉がブームになりましたが、蓮佛美沙子ちゃんは塩顔女子なんて呼ばれているようですね!

幼少期は父の後を継ぐという将来を見据えて、勉強に励んでいるしっかり者の姉を演じるようですが、戦争を経て出産も経験すると、すみれを支える大きな役割を担う存在へと変わっていくようです!

ロケ地は?

気になるロケ地に関しては、神戸・大阪・滋賀などでの撮影が始まっているようですね!

はっきりとしたロケ地情報は明らかになっていませんでしたが、神戸の三宮あたりは、物語のモデルとなったファミリア創業の地でもあるので、その周辺でのロケが行われるとファンとしては見に行きやすいかもしれません。

しかし、日本を代表する大都市のひとつである神戸は、昭和の雰囲気はもうほとんど残っていないでしょう……そんなわけで、撮影は都心から離れた場所で行われるのではないでしょうか?

主題歌は?

beppinsan6

べっぴんさんの主題歌はMr.childrenの「ヒカリノアトリエ」です!

Mr.childrenのボーカル・桜井和寿さんはこのオファーを受けた時に、こんな風に語っていたようです!

ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと、強く願っています

ドラマの内容も楽しみですが、主題歌も早く聞いてみたいですね!!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする