べっぴんさん坂東ゆりやすみれの子役は誰?プロフィールをチェック!

beppinsan1-1-1

とと姉ちゃんからべっぴんさんにバトンタッチ!

常子さん、重責から解放されたようなすがすがしい顔してます!

べっぴんさんはミスチルのさわやかな歌でスタートを切り、戦後の焼け野原や成功を手にした主人公が母を思う回想シーンなど、盛りだくさんで気が付いたらあっという間の15分間でしたね!

主人公の坂東すみれとその姉・坂東ゆりの子ども時代を演じる子役のプロフィールや演技力について調べてみました!

スポンサーリンク

坂東すみれ役の子役は渡邊このみ!

beppinsan1-1-2

名前:渡邉 このみ(わたなべ このみ)

生年月日:2006年7月25日(10歳)

出身地:大阪府

血液型:A型

サイズ:身長・132cm

職業:子役

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

特技:歌/英語

朝ドラの主役の子ども時代を演じる子役さんともなれば、かなりの演技力が期待されることでしょう。

今回坂東ゆりの子供時代を演じる子役として抜擢された渡邊このみちゃん、その演技力はお墨付きです!

beppinsan1-1-3

このみちゃんが4歳の時に出演した映画「八日目の蝉」のワンシーンです。

このみちゃんはこの作品でなんと、若干4歳にして、2012年第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しているんです!

この映画自分も見ました!

何度見ても二人が写真館で写真を撮るこのシーンは泣けます!

4歳にしてこの演技力!

なんとなく母の異変に気付いていながら母を困らせないように困った表情を隠そうとしているこの感じ。

でも実は頭の中では(腹減った)とか考えてたりするんでしょうか!?

自分が4歳の頃は虫取り網と籠をもって蝉の寿命を縮めるべく鼻水たらして走り回ってましたよ!

このみちゃん、若いのに素晴らしい賞を受賞しているんですね、末恐ろしいです!

このみちゃんはとっても流ちょうな英語をしゃべることでも有名なようです!

パシフィックリム」でハリウッド進出した芦田愛菜ちゃんに続けとばかりに海外進出をもくろんでいるのでしょうか??このみちゃんのママが。

このみちゃんが朝ドラに出演するのは実は二度目で、最初の出演は2015年の朝ドラ「まれ」でした。

まれに出演したときも主人公の子供時代を演じたこのみちゃん。

一度ならず二度までも主役の子供時代に抜擢されているところを見ると、業界からの期待がかなり大きい子役さんなのでしょうね!

坂東ゆり役・内田彩花のプロフィール

beppinsan1-1-4

名前:内田 彩花(うちだ あやか)

生年月日:2003年6月5日(13歳)

出身地:不明

職業:子役

所属事務所:ジョビィキッズ

特技:歌

坂東ゆりの子供時代を演じるのは内田彩花ちゃん。

所属事務所はあの芦田愛菜ちゃんと同じ、ジョビィキッズという子役専門の事務所なんですね!

ジョビィキッズのホームページを見ても、彩花ちゃんのプロフィールは詳しく乗っていないようでしたが、内田彩花ちゃんも渡邊このみちゃんと同様歌が上手なようですね!

彩花ちゃんが子役として本格的にテレビの仕事を始めたのは2014年、彩花ちゃんが11歳の時でした。

出演経験のあるドラマは、「マルモのおきてスペシャル2014」や「世にも奇妙な物語25周年スペシャル’15春 面」などなど。

そして芦田愛菜ちゃんが主演した「円卓~こっこ、ひと夏のイマジン~」にも出演しています。

愛菜ちゃんのバーター的な存在ということでしょうか??

よく見てみると、どことなく芦田愛菜ちゃんに似ているような気もします。年齢は彩花ちゃんが一歳年上ですけどね。

では、演技力のほうはどうなんでしょう??

内田彩花ちゃんが今回のドラマに子役として選ばれたのは、この映画での演技力が評価されたからだと言われていますね!

すみれ役のこのみちゃんと比べるとまだまだテレビに露出する機会が少ない内田彩花ちゃんですが、子役はその成長を見守るのも楽しみの一つなので、NHKに限らず、いろんな種類のテレビに出てその魅力を発揮してほしいですね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする