べっぴんさん田中紀夫役の子役は玉山詩!プロフィールをチェック!

beppinsan1-6-1

茂じいがめっちゃ見てますねえ!

べっぴんさんで田中紀夫の子ども時代を演じているのは吉本新喜劇の茂じいの孫としても有名な・玉山詩君です!

べっぴんさんでは笑いナシのまじめな役のようですね、あたりまえか。

田中紀夫君は寡黙な感じの大人しい男の子ですが、後にすみれの夫となるとても重要な役柄です。

今回その役柄を射止めた玉山詩君のプロフィールや演技力についても調べてみました!

スポンサーリンク

べっぴんさん田中紀夫役の玉山詩くんとは?

beppinsan1-6-2

名前:玉山 詩(たまやま うた)

生年月日: 2002年9月1日(14歳)

出身地:京都府

職業:子役

所属事務所:劇団往来

玉山詩君は、京都府出身の子役です。

詩くんが芸能界入りしたきっかけは、吉本新喜劇の人気キャラクター「茂じい」こと茂造じいさんの孫オーディションに応募し、1439人の中から孫の役を射止めたことでした。

2008年に茂じいの4人目の孫として選ばれた詩君は、その演技力と可愛らしいルックスで女性を中心に人気を博し、2016年の第8作目まで孫として活躍を続けています!

そんな詩くんの性格は、しっかりしていて明るく元気。

絵にかいたような子役の性格といった感じですが、共演した大人に紙ヒコーキをプレゼントしたり人懐こくて素直な子だと評判で、多くの大人たちに愛されてのびのびと演技を楽しんでいるというイメージがあります。

beppinnsan1-6-4

現在14歳となった詩君が今までに出演した作品はドラマが13本、映画が2本。

なかでも有名な作品は「大奥〜誕生[有功・家光篇]」での稲葉正勝の幼少期や、「ちかえもん」での定吉役ですね!

ほかにも詩君は「鬼平犯科帳スペシャル」や「伝七捕物帳」などなど、時代劇に出演することが多いようです!

演技力や感想についても!

beppinnsan1-6-3

ヒロインの夫になる役の子供時代というとても重要なキャラクターを演じた詩くんですが、その演技力はどんな風に評価されているのでしょうか?

いい意味で挙動不審!べっぴんさんの放送の中では極端にセリフが少ないイメージのあった詩君。

……というよりも、もしかして一言も発していなかったのでは!?

と思うほど、無口な田中紀夫君でしたが、セリフがないながらも、その存在感は抜群でした。

セリフがあれば、その言葉に感情を注いでわかりやすく気持ちを表現できるかと思いますが、セリフがない中で、感情を表現するのは、とても難しいことだと思います。

ナレーターの力もあったかと思いますが、すみれが町で迷子になった後、父の五十八さんが野上親子と麻田さんをしかりつけているときの紀夫君の表情が、鬼気迫っていたような気がします!

五十八さんの剣幕にキュンときたのか、あるいは五十八さんの目の前に飛び出していったすみれにキュンと来たのか、はたまた潔がすみれの頭のポンポンしている姿にキュンとしたのかどうかはわかりませんでしたが、わからないほうが物語に面白みが増しますよね!

まあ、すみれにキュンとしたんでしょうけどね!

玉山詩君といえば茂じいの孫というイメージがあるので、吉本新喜劇のファンからのコメントも見てみたいと思います!

詩君は2008年に吉本新喜劇の舞台で行われた「茂造の子守歌」を皮切りに、7年連続で茂造シリーズの公演に出演しています!

beppinnsan1-6-5

詩君の大物エピソードがあるのですが、新喜劇の公演中にほかの子役の女の子がセリフをまるまる忘れてしまった際、5歳だった詩君がフォローして何事もなかったかのように舞台を続けたそうです!

女の子は詩君に惚れてしまったかもしれんね。

5歳で大物俳優のように機転を利かせることができたという詩君。

ゆくゆくは日本を代表する大物俳優に化けるかもしれませんね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする