高野秀行のソマリランドの話が面白い!逮捕されたの?妻についても!

takanohideyuki1

リアル天空のラピュタと呼ばれるソマリランドを知っていますか!?

謎の国とか謎の生き物と聞くとその目で確かめに行かずにはいられない、生粋の冒険者・高野秀行さんが見出した面白い国なんです!

10月15日のSWITCHインタビュー 達人達(たち)では、高野秀行さんと料理研究家の枝元なほみさんが対談するそうですね!

高野さんが気になりすぎて足を運んだというソマリランドの話がとにかく面白いんです!

スポンサーリンク

高野秀行とは?

takanohideyuki2

名前:高野 秀行(たかの ひでゆき)

生年月日:1966年10月21日 (49歳)

出身地:東京都八王子市

学歴:早稲田大学第一文学部仏文科

職業:ノンフィクション作家/冒険家

世界を旅して、そこで起きた出来事を本にして稼ぐ。

そんな夢のような生活を送っているのはノンフィクション作家の高野秀行さんです!

高野さんのデビュー作は「幻獣ムベンベを追え」です。

この本はドキュメンタリー番組として再編成してほしいくらい面白いです!!

内容をちょっとだけネタバレしますが、アフリカのコンゴ共和国にある湖に太古から生息するという伝説の未確認生命体ムベンベを発見するため、早稲田大学の探検部に所属する若者たちがコンゴに乗り込むという探検記です。

takanohideyuki3

こちらがムベンベですね!

別名コンゴ・ドラゴンとも呼ばれています。

このムベンベを追って若者たちがたくさんの苦難を乗り越えて行ったり珍味を食べたりしていく探検道中が本当に面白かったです!

今までに発見されていないものを探しに行く……まさに男のロマン!

今までに高野さんが出版された著書は、冒険好きなタイプの男心をくすぐる題名のものばかりです!

怪獣記」「怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道」「アジア未知動物紀行」などなど、たまに「放っておいても明日は来る 就職しないで生きる9の方法」といった題名の本も出版しているようですね!

ソマリランドとは?

takanohideyuki4

ソマリア という地名なら知っている人も多いと思いますが、ソマリアとソマリランドは、高野さんに言わせれば北斗の拳と天空のラピュタくらいの違いがあるそうです!

北斗の拳の世界に普通の日本人が足を踏み入れたら、バイクに乗ったモヒカン頭のとげとげ服に身を包んだ輩たちに速攻で身ぐるみはがされることでしょうが、ソマリランドというのは、そんな殺伐とした世界の中にぽっかりと存在するメルヘンチックな平和の国なのだそうです。

高野さんがソマリランドの存在を知ったのは、「国マニア」という本を読んだことがきっかけで、アフリカの危険な情勢を知っていた高野さんは、目が点になったそうです。

ソマリアという国は治安に関しては世界一最悪だといわれている国で、1960年代から内戦が続いています。

90年代には国連に宣戦布告したこともある非常に危険な国で、その近海は長年にわたる内戦で産業が廃れ職のない男たちによる海賊行為が日常茶飯事なのだとか……。

ソマリアはリアル北斗の拳、そしてリアルONEPIECEの世界なんですね。

かたやお隣の国、ソマリランドは治安が良く、内戦のやり方は長老たちが木陰に集って話し合う。という何とも牧歌的な方法なのだそうです!

詳しくは知らないけど、お茶とかお茶菓子も出るんでしょうね。

高野さんはソマリアをライオンの国、ソマリランドをウサギの国と揶揄し、その実情を調べるために日本を出国。

ソマリランドの場所を調べるにあたっては、意外と近く(千葉県)にいたソマリランド人(城西国際大学教授)に指南してもらったそうです。

高野さんが未知の国に行く前には、下調べの際必ず、信用できるガイドおよび知人を紹介してもらうようです。

日本にいるソマリランド人にそういう人がいないか聞くと、こんな答えが返ってきたそうです。

1 ダビル・リアレ・カヒン大統領

2 与党の党首

3 第一野党の党首

4 大統領のスポークスマン

ザックリしてますね~♪

初めて行く国で誰を頼るべきか聞いて、まさか「大統領を頼れ」って答えが返ってくるとは誰も思わないですよね。

そんなこんなで面白すぎるソマリランドの旅が始まったそうですが、詳しくはこちらの本をチェックしてみてください。

takanohideyuki5

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00P27YOM6/

海賊にインタビューした内容も載っています!

アヘン王国に潜入!?逮捕されたの?

高野さんは以前出演したクレイジージャーニーの中で、アヘン王国に潜入したときの経験を語っています。

アヘンというのは非常に中毒性の高い麻薬で、イギリスが貿易赤字を修復するため勃発したアヘン戦争という歴史は、日本人なら誰もが学校で習うことですね。

高野さんはミャンマー北部にあるワ州という無法地帯で、アヘンを栽培する人や生産工程をじかに目にしています。※現在はアヘン栽培はしていないそうです。

パッと見れば、農業に従事しているようにしか見えない村人たち、でも作っているのはアヘン。

そんな不思議な情景の中で、高野さん自身も思わずアヘンを吸飲してしまうことになったそうです……。

そういうのって日本に帰ってきてから逮捕されたりとか、しないんでしょうか??

高野さんに逮捕歴があるかどうか調べてみましたが、そういった情報は出てきませんでした。

妻は片野ゆか!

takanohideyuki7

高野さんの妻は、同じくノンフィクション作家の片野ゆりさんです!

名前:片野 ゆり(かたの ゆり)

生年月日:1966年5月(50歳)

出身地:東京都

学歴:東洋大学社会学部

職業:作家

2005年に出版した「愛犬王 平岩米吉伝」で第12回小学館ノンフィクション大賞を受賞したこともある片野ゆかさん。

takanohideyuki8

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00JPVZVSG/

こちらは高野さんの著書「ワセダ三畳青春記」です!

こちらに奥さんとの馴れ初めが書かれているようですね!気になる人はぜひチェックしてみてください!

高野さんはたくさんの本を出していますが、中でも人気が高いのがこちらの作品です!

takanohideyuki9

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00JPVZVSG/

納豆の発祥が水戸だと思っているそこのアナタ!度肝抜かれますよ……。

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする