地味スゴ校閲ガール2話!段ボール映画館の作り方をチェック!

zimisugo2-1

地味にスゴい!校閲ガール第2話が放送されましたね!

短い期間に同じ男女が偶然二度もぶつかるかよ、って思いましたけど、物語自体は面白いし、石原さとみちゃんも本田翼ちゃんも安定のかわいさでした!

今回のお話に登場した段ボール映画館というのが地味に気になったので、材料や作り方なども調べてみました!

スポンサーリンク

地味スゴ校閲ガール2話のあらすじ

zimisugo2-2

※ネタバレしてます!

後輩OLに呼ばれた合コンで、相手男子を校閲の知識で言い負かしてしまった悦子(石原さとみ

超絶イケメン(菅田将暉)に出会ってから、ほかの男が河童にしか見えなくなってしまい、合コンにも気合が入りません。

「リニアモーター牛ってなんだよ!」

是永是之の校閲に時間がかかり、意味不明の小説だと編集部に文句を言いに行った悦子。

貝塚(青木崇高)の話によると、是永是之は文学界期待の若手だったにも関わらず、授賞式や取材に顔を出さなかったせいで次第に忘れられて行った作家だといいます。

しかし貝塚は是永を、まだ伸びしろのある作家だと評していました。

校閲部に戻って再び是永の作品に目を通し始めた悦子は、文章の意味不明さにノックダウンされてしまいました。

その後、是永是之は校閲された原稿を手に取って笑います。

そこには悦子が書いたリニアモーター牛のイメージが付箋に描かれていました。

是永是之とは、悦子が一目ぼれした折原幸人(菅田将暉)のペンネームだったのです。

悦子は主婦ブロガーの書籍化作品の担当をすることになりました。

初校が終わると貝塚が校閲部に文句を言いにきました。

「なんだこの校閲は、余計な付箋だらけじゃないか」

悦子はその書籍に書かれた節約術に感動して、お礼に自分の知っている節約ネタを付箋で張り付けたのでした。

「だめだった?」

「だめもなにも、作家が感激して、ぜひ校閲した人に会いたいって言ってるんだ」

悦子と貝塚は、人気ブロガーの小森谷(ともさかりえ)に会いに行くことになりました。

小森谷は悦子の付箋に書かれていた段ボール映画館のアイデアを自分の作品に追加したいと提案します。

悦子は乗り気ですが、貝塚は予定通りに仕事が進まないことに不安を感じている様子でした。

その後、悦子と小森谷は段ボール映画館を一緒に作ってみることに。

悦子は小森谷に褒められて有頂天になり、校閲の仕事を超えて編集者のように書籍の内容に口を出し始めます。

そして後日、小森谷が「あとがきに悦子の名前を入れたい」と言いだします。

それを聞いて喜ぶ悦子の姿を見て、藤岩(江口のりこ)が口をはさみました。

「ちょっと浮かれすぎでは?校閲は内容には干渉しない、それが基本中の基本です」

「藤岩さん、私に嫉妬してるんじゃないですか?」

「私があなたに嫉妬するわけがないでしょう!」

藤岩は立ち上がり、帰っていきました。

その後、出来上がってきた本の表紙を見て、校閲部の面々は絶句します。

一番大事な表紙の部分に、誤植があったのでした。

出版日はほかの書籍化ブログの作者との合同イベントがあるので、今さら刷り直しはできません。

校閲部が責任をとって、表紙の誤りはシールを貼って対応することになりました。

悦子と米岡が夜通しシール貼りをしていると、校閲部の面々が手伝いに来てくれました。

印刷所の営業マンが差し入れをくれて、一同は休憩に入りますが、悦子だけは作業を続けます。

その姿を見た同僚たちは、口々に自分の経験したミスを告白し、誰にでもあることだからとフォローしました。

最後に口を開いた藤岩は、昔ミステリー作家に校閲を褒められたことで有頂天になり、最悪のミスを犯してしまった過去を告白します。

その作家は激怒し、景凡社では二度と書かないと言って去ってしまったのでした。

悦子は校閲部の仲間に助けられ、シール貼りの作業は無事、時間内に終えることができました。

小森谷の出版記念イベント当日。

仕事に身が入らない悦子を気遣い、部長はイベントを見に行くよう背中を押してくれました。

悦子は即座に会社を出てイベント会場に急行すると、初版本を手に取ったファンの声が耳に入ります。

「何このシール。貼ってない本ないのかな?」

悦子はたまらず会場の前に飛び出し、頭を下げます。

「今回出版するにあたり、重大な誤植を見逃してしまいました。全て私の責任です」

すると小森谷がマイクの前に立ちます。

「河野悦子さんには、言葉では言い表せないほど、深く感謝しています。河野さんには、節約や、サブタイトルのアイデアなどもいただき、当初の予定よりずっといい本に仕上がりました。出来上がった本を手にしたときは、感激で涙が止まりませんでした。刷り直しには莫大なお金がかかるそうです。普段一円すらケチってる私の本には、訂正シールがお似合いだと思いませんか?」

ファンたちはその言葉にほほ笑み、会場は拍手で包まれました。

仕事を終えた悦子は目に留まったスポーツセンターに足を運びました。

しかし、水着やタオルのレンタルをしていないということで、泳ぐことをあきらめた悦子がスポーツセンターを出ると、出口で再び折原に出会います。

散らばった小銭をかき集めていた折原に気づかす、勢いよくドアを開けてぶつけてしまった悦子。

不思議な再会を果たした折原は、悦子が景凡社で校閲をしている人間であること、自分が書いている小説の校閲をした面白い人間だということに気づきますが、自分の正体が是永是之であることは隠します。

折原はモデルとして出演するステージのチケットを悦子に渡し、よかったら見に来て下さいとほほ笑んでその場を立ち去りました。

感想や視聴率!

zimisugo2-3

石原さとみさんが、可愛い。そんなにオシャレしなくたって可愛いのに。 校閲部のチームが、悦子(石原さとみさん)のミスをカバーするところ。校閲って、そういうのもするの?知らない世界なので、そうだったら、ホントにスゴイ。

大変そうなお仕事ですが、石原さとみちゃんが職場にいたら、何日でも徹夜できます。

地味スゴ校閲ガール2話の視聴率は11.2%でした!

段ボール映画館の材料と作り方

zimisugo2-4

段ボール映画館と聞くと、何とか工夫して白い壁に映画を投影するのかな?

なんて思いましたが、まさか、段ボールの箱に頭を突っ込むとは思いませんでした!

斬新!

というわけで、誰でもできる段ボール映画館の材料と作り方を見てみましょう!

まず、材料はたったこれだけ。

・段ボール

・スマホ(ipadも可)

・イヤホンorスピーカー

・ガムテープ

・ハサミおよびカッター

作り方は超簡単です、段ボールの底にスマホを固定できる大きさの穴をあけ、スマホ(ipad)をセットし、くりぬいた穴から頭を突っ込んで鑑賞するだけ!

zimisugo2-5

ガムテープとカッターでこんな風にスマホを固定できる部分を作っておけば、映画を鑑賞している間にスマホが顔面に落ちてくるなんてこともありません!

スピーカーを使って大音量でリアルに楽しみたいという人は、スピーカーの部分の穴を頭の両脇に作ってはめ込めば完璧です!

いつも捨ててしまうだけの段ボールが映画館に変貌するなんて驚きですね!

河野悦子も言ってましたが、子供が大喜びしそうです!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする