地味スゴ校閲ガール5話!フロイライン登紀子役川原亜矢子は略奪婚!?

zimisugo1

地味にスゴイ!校閲ガール!5話が放送されました!

前回のお話の最後には、幸人と森尾が大変なことになっていてどうなるのかヒヤヒヤしましたが、幸人はもしかしたらホモなのかもしれませんね!

本田翼ちゃんにあんなに迫られて平常心を保てる男、普通いませんって。

今回のお話には懐かしい女優さんが出演していたので、彼女の略奪婚騒動についても調べてみました!

スポンサーリンク

地味スゴ校閲ガール5話のあらすじ

zimisugo5-2

※ネタバレしてます!

迫る森尾(本田翼)を突き放した幸人(菅田将暉

「何があった?話してみたら楽になるよ」

「楽になるわけないじゃん。だって不倫だよ、チョーダサいじゃん。上司にはくだらないって言われるし。先輩には何もかも負けてる気がするし。自分が何なのか、何をしたいのか全然かわかんない」

「奇遇だね、俺も全部中途半端。大学もモデルも作家も中途半端!イェイ!」

「バカじゃない・・・・・」

そう言いながらも森尾は笑顔を取り戻します。

校閲部、藤岩(江口のりこ)の校閲方法を見た悦子は感心します。

「付箋だらけですねぇ!」

「ええ、でもこの編集者は作家に渡す前にチェックして、ほとんど外してしまいます」

「そんなことしたら藤岩さんの仕事が無駄に」

「なりません、常識の範囲内での指摘出しをしたのですから、それが作家に行かなかったとしてもしかたありません」

悦子はその話にうなずき、自分の手元の付箋を握りしめます。

後日、貝塚がゲラを持って校閲部に来ました。

「おいコーエツ、なんだこの大量の付箋は」

「手抜き編集者がきちんと原稿チェックできるよう教育し直してんの」

そこに上司がやってきました。

悦子の新しい業務は、フロイライン登紀子(川原亜矢子)のエッセイの校閲です。

登紀子は悦子のあこがれの女性で、ラッシーのスタイリストから始まり、エッセイを連載していたこともある伝説のスタイリストでした。

「やっと私がやりたいことキター!」

ラッシーの編集部では、メンズモデルコンテストの会議が行われていました。

コンテストでは、登紀子がその場を取り仕切ることに決まったことが編集部の面々に告げられます。

幸人と悦子は仕事の後に浅草で待ち合わせをして、夜の遊園地に行きました。

悦子がジェットコースターに乗りたいと言うと、幸人はその手をつかんで走り出しました。

その時、幸人の携帯に森尾から連絡が入ります。

「イタリアから帰国したスタイリストが今すぐモデルの顔を見せろって言って聞かなんだよ、来れる?」

スタイリングしてくれる人がフロイライン登紀子だと気付いた悦子は笑顔で幸人を送り出しました。

ラッシー編集部では緊急の編集会議が開かれていました、

テレビ電話に映し出された登紀子は、編集部が提示した企画書をすべて破棄して、独自の視点で決めたコンセプトから小道具を指定します。

幸人のコンセプトはギャング。

森尾は突然の指示に応えるため、小道具を探して一晩中東京を走り回ります。

翌朝、登紀子がラッシー編集部に現れました。

憧れの人を一目見るため、悦子もラッシー編集部を覗きに行きます。

しかし、登紀子は悦子の想像とは違いました。

森尾の用意した小道具を無駄なものだと言い放ち、編集長が来ていないと腹を立ててまたホテルに戻っていったのです。

森尾と悦子は悦子の家でご飯を食べることに。

落ち込む森尾に、悦子は1994年に発行されたラッシーを渡します。

「ここ、見て、このパッチワークはフロイライン登紀子さんが作ったものなんだよ!」

外国人モデルがパッチワークシーツのかかったベッドに横たわっている写真を開いて見せました。

登紀子がアシスタントスタイリストだったころ、夜通し走り回って集めた小物を無駄だと言われることなどはザラで、仕事に対する自信を無くしていた時に、事務所にあった端切れを使ってパッチワークを作っていたといいます。

ある時そのパッチワークがスタイリストの目に留まり、写真の雰囲気を最高に盛り上げる小道具として使われたことで、彼女は自分のしてきたことは無駄ではなかったと自信が付き、
絶対にスタイリストとして大きくなると心に誓ったそうです。

悦子は彼女のエッセイから仕入れたその情報を森尾に伝え、一緒にパッチワークを作ろう!と提案しますが、森尾は全く乗り気じゃありません。

「私また仕事残ってるんだ。ごちそうさまでした」

森尾は会社に戻っていきました。

翌朝、悦子は浅草まで足を運び、登紀子のエッセイの事実確認をするためイタリア人を探して道行く外国人に声をかけ始めます。

休憩で団子を食べていた悦子の携帯が鳴りました・・・・・幸人でした。

団子を食べてると言ったら、幸人が「いいな」と言ったので、「あげるから会おう!」ということになった二人。

浅草名物の団子を渡しながら、悦子は幸人にお礼を言います。

「幸人君のおかげで思いついたんだよ!浅草に外国人がたくさんいるってこないだのデートで見たから、結構ビラを配れたんだ!」

幸人はデートをすっぽかしたことを謝ろうと思って電話したのに、逆にお礼を言われて面くらいます。

「せっかくおしゃれしてきてくれたのに、ごめんね」

「いいんだよだって好きな人に会うためにおしゃれするだけでも楽しいし幸せなんだから!」

好きな人、と言ってしまってから悦子は固まり、幸人の動きも止まります。

「あ、あのこれから会社行くから、じゃ、またねー」

悦子は駆け足でその場を去りました。

幸人が家に帰ると、森尾に言います。

「あのさ、ここに間借りしてること、えっちゃんには言っていいかな?」

「いいよ・・・・・・先輩のこと、好きなんだ」

「うん」

登紀子が編集部でエッセイの契約確認を終えると、「校閲部に行きたいわ」と貝塚に頼みました。

貝塚が校閲部に彼女を案内すると、校閲部の個性的な面々が校閲の作業をする姿を見て、登紀子は物珍しそうに見て回ります。

悦子は盲目の剣士が友の指図だけで相手を斬ることができるかの検証中で、目隠ししながら棒を振り回していました。

その棒が登紀子にヒット!

驚いた悦子は目隠しを外し、平謝りします。

しかし、登紀子は校閲の仕事を無駄だ無駄だと言いながら、少しづつ笑顔になっていきました。

その時校閲部に悦子のビラをもらったイタリア人からの電話やメールが殺到し始めます!

イタリア語を喋れる人間は登紀子しかいなかったため、登紀子が電話に対応すると、彼女はまた、ほほ笑みました。

「こんなにたくさんの人が事実確認に協力してくれたのね」

その日の夜、森尾が電話に出なかったため、打ち上げの飲み会に呼ぼうとした悦子とセシルが森尾の家に直接足を運びました。

インターホンを押しても返事はなく、あきらめて帰ろうとした悦子たちの前に、森尾と幸人が帰ってきました。

「これは・・・・・どういうこと?」

感想や視聴率!

zimisugo5-3

地味な校閲の現場で1人だけ浮いてる感じの河野悦子にTPOを弁えろと的確な指摘をしながらも、浅草でのイタリア人へのアンケートを手伝ってしまう貝塚を演じる青木崇高が好印象だ。

浅草で貝塚と団子を食べている悦子の姿を見て、幸人と悦子より似合ってると思った人も多かったのではないでしょうか?

地味スゴ校閲ガール5話の視聴率は11.6%でした!

フロイライン登紀子役川原亜矢子は略奪婚?

zimisugo5-4

川原亜矢子さんというと2011年に芸能活動を休止する宣言をしていた元スーパーモデルですよね!

名前:川原 亜矢子(かわはら あやこ)

生年月日:1971年4月5日(45歳)

出身地:大阪府東大阪市

最近の若い人は知らないかもしれませんが、パリのモデルエージェンシーに所属していた彼女は、シャネルやディオールなどのスーパーブランドのモデルとして活躍し、日本人女性たちからあこがれのまなざしを一心に浴びていた時期がありました!

1989年には映画「キッチン」で主役を演じ、日本テレビで放送中の「NEWS ZERO」でキャスターとして活躍していた時期もある彼女ですが、2010年ころから事務所の後輩である真矢みきさんの活躍に押されて、次第に芸能界での居場所が減ってしまったと言われています……。

zimisugo5-5

2011年には芸能活動休止を発表し、2012年の8月にはプロデューサーの関口大輔氏との結婚を発表していますが、この結婚は略奪婚だったと言われていますね。

二人は「TOKYOコントロール」という川原さん主演のドラマでプロデューサーと主演女優という立場で知り合い、交際に発展したと言いますが、当時関口さんは結婚していました。

しかも、関口さんの奥さんは管制官をされていて、ドラマの内容についてよく相談していたそうです。

関口さんは当時現場に奥さんを連れてきたこともあり、周囲にも「奥さんのおかげでこのドラマができた」とノロけていたというエピソードも残っています。

しかし、奥さんが仕事で単身赴任した時期と重なるように、川原さんが関口さんの自宅にお泊りしたという内容がスクープされてしまいます。

当時は不倫の事実を否定していたようですが、関口さんは間もなく離婚したので、略奪婚と言われているようですね……。

しばらくは表舞台に出てこなかった川原さんですが、久しぶりに見た彼女は相変わらずキレイでした!

今後はテレビに出演する機会が増えるかもしれませんね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする