砂の塔知りすぎた隣人6話!荒又警部役光石研の自宅や嫁を調査!

sunanotou7-1

なんであんなに執拗に高野家を壊そうと弓子が鼻息を荒げるのか、やっと理由がわかりましたね!

和樹の母親が本当は亜紀じゃなかったとは……。

大きく物語が動き出して、ただキモチワルイと思っていた弓子の本当の目的が見えてきた今回のお話。

ネタバレを含むあらすじや、荒又警部役の光石研さんについても調べてみました!

スポンサーリンク

砂の塔知りすぎた隣人6話のあらすじ

sunanotou7-2

※ネタバレしてます!

高校の教師との面談には、結局一人で行くことになった亜紀(菅野美穂

そこで亜紀は、和樹(佐野勇斗)が模試の日にも学校をさぼっていたという事実を知らされます。

帰ってきた和樹を問いただすと、和樹は言いました。

「お母さん、お兄ちゃんのためならなんだってするから。どうしたいか言って」

「じゃ金。参考書に使うから金くれよ」

「明日下すから、いくら必要なの?」

「ばっかじゃねーの」

亜紀は面談をすっぽかした健一(田中健一)に愛想をつかし、離婚届を引き出しにしまいます。

父の墓前で独り言を言う亜紀。

「私と健一さん、ダメかも」

「浮気かい?だから言ったじゃない。あんなバツイチ男」

墓参りに来た亜紀の母親でした。

「子供たちの前で、絶対にそのこと言わないでよ!」

健一はバツイチで、前妻とは死別している、亜紀はそう聞かされていたのでした。

弓子(松嶋菜々子)が夫婦の秘密と言って手渡した封筒を、生方(岩田剛典)は弓子に返しに行きました。

「僕は人の家庭を壊す気はありません」

「あなた、弱虫ね」

高野家の幸せを壊すことになるというその封筒を、弓子はわざとマンションの廊下に捨てました。

生方はその封筒を拾い、川に捨てようとしますが、中を見てしまいます。

「何だよこれ」

ハーメルン事件の4番目の被害者が発見されました。

意識不明のその少女は、親から虐待を受けたと疑われる傷が体に多数見受けられました。

その後、小学校6年生のサッカー少年が「ハーメルンについていきます」と書置きを残して失踪する事件が発生しました。

今度の母親はシングルマザーで、子供思いの良い母親のようです。

和樹の写真がコンクールで入選しました。

日曜日には会場で発表されるといいます。

健一の前に、生方が現れました。

「佐々木弓子に渡されたんです。これ、本物ですか?」

「あいつ」

「このことは亜紀さんに話すつもりですか?」

「隠すつもりだ」

そこに亜紀が現れました。

「何?」

とっさに健一が背中に隠した写真を奪い取った亜紀は、それを見て愕然とします。

それは結婚式の写真でした。

健一と、弓子の結婚式の写真でした。

「前の奥さんは亡くなったって言ってたじゃない!嘘なの?嘘なの?」

「すまん」

「じゃあ、和樹の母親って……」

「和樹が1歳になったころ、あいつが離婚したいって言い出して、和樹を捨てて出ていったんだ」

弓子は何も言わずに家を出て行ったと健一は説明します。

2歳から育てた和樹の育児日記を持って、弓子の家を訪れた亜紀。

「一日一日をあの子と積み重ねてきたんです。あの子の母親は私です。私だけです」

「母親って、苦労の数でなるものなの?算数みたいね。あなた、今の和樹を知ってる?本当の和樹をどれだけ知ろうとしてる?」

「一度和樹を捨てたあなたには、絶対に負けませんから」

亜紀は弓子をにらみつけ、その場を去りました。

偶然橋の上で再会した亜紀と生方。

「亜紀さん大丈夫? 俺、困ってる亜紀さんをほっとけないよ。支えたいんだ」

「やさしいなあ、航平くんは。でもね、そういう優しさは、本当に大切な人に使ったほうがいいよ。今までありがとう」

「和樹、和樹がいやなら表彰式行かないからね」

和樹の部屋の外から亜紀が懸命に声をかけると、和樹はスマホに目を落とし、それから部屋を出てきました。

「何言っても怒らない?」

「うん」

「10月29日のことだけど。友達といた。前の学校の。万引きしたものを横流ししたりとか、そういうやつ」

和樹はその友人らに万引きしたと装って貯金を切り崩してゲーム機などを買い、万引きしたふりをしていた。

でも、もうしない。そいつらと縁を切る。

和樹はそう約束してくれました。

亜紀はたまらず涙を流します。

「表彰式、来てくれる?」

「もちろん」

表彰式当日、和樹は何かを探して家中を探し回ります。

銀行の封筒から生活費らしき札束を取り出し、スマホを交互に見て頭を抱えます。

「足んねーよ!」

和樹は悪い仲間たちに家の金を差し出しますが、足りないと言いがかりをつけられて引きずられていきます。

その姿を見ていた成美はすぐ亜紀に電話しました。

「なんか和樹君中学生の時からいじめられてたみたいで、悪そうな人たちに引きずられていった!」

和樹が暴行を受けている現場に駆け付けたのは……弓子でした。

弓子は少年たちに暴行現場を録画した動画を見せ、脅します。

「あなたたちは一生少年院。人の目におびえながら一生生きるのよ。もし腹いせにその子を傷つけようと思うなら、やめたほうがいいわ。その時は私があなたたちを殺す。

私こう見えてもう一人殺してるのよ。こうなったら何人殺しても同じよ。どんな方法を使ってでも、どこに逃げても見つけ出して殺してやる。刑務所に入れられたとしたら、出所後にあなたたちを必ず見つけ出す」

弓子の気迫に押された少年たちは逃げ出します。

そして和樹は弓子の腕の中で気を失いました。

駆けつけた亜紀の前に、弓子が現れました。

「一緒に過ごした年月なんて関係ない。いざという時命がけで息子を守ろうとしたのは私」

その時、和樹をのせた救急車が発車しようとしました。

「お母さん、乗ってください!」

「ハイ!」

亜紀を押しのけて、弓子は救急車に乗り込みました。

感想や視聴率

sunanotou7-3

ゆみこの気持ち、あきの気持ちが凄い突き刺さりました!救急車にゆみこが乗り込んで呆然としか出来ないあきの気持ちも凄い分かりました!

弓子さん、ボコられている和樹と少年たちの前に現れてどうやって収拾するのかと思ったら、シビれましたよ!

世の母親たちもあれくらいの気持ちで子供を大事に思っているでしょうね、口に出すか出さないかの違いで……。

砂の塔知りすぎた隣人の視聴率は9.9%でした!

荒又警部役は光石研!

sunanotou7-4

名前:光石 研(みついし けん)

生年月日:1961年9月26日(55歳)

出身地:福岡県八幡市

血液型:A型

ヒミズ」や「アウトレイジビヨンド」での悪そうなオジサン役が印象的ですよね!

現在は名わき役としてひっぱりだこの光石研さんですが、若いころは仕事がなかなか決まらず苦労されたようです!

今回の砂の塔の出演も、三代目の岩田剛典さんではなく光石さん目当てで見ている人がいるようですね!

そんな光石さんは29歳の時に一般人女性と結婚していて、お子さんはいないようです。

一般人だという奥さんは、かなりの美人だと評判ですが、残念ながら、画像は見当たりませんでした。

sunanotou7-5

こちらが光石さんの自宅です!

モデルルームみたいでセンスが光ってますね!

光石だけに……。

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする