花粉症の2017年の時期やピークは?ヨーグルトや野菜で今から対策!

出典元:https://www.pakutaso.com/20160425110post-7642.html

ユーミンの「春よ、来い」をカラオケで歌わなくなったのは花粉症を発症した年からです。

鼻が詰まってどうしようもないので、カラオケも楽しめなくなるんですよね!!

今年もついに春の到来を告げる花粉がやってきます!!

でもまだ1月だからと油断している人もいるでしょうね。

花粉症というのは前もって準備しておくとそのつらさが緩和されるといういくつかの方法があることを知っていましたか??

今回は2017年の花粉症対策についてガッツリ調べてみました!!

スポンサーリンク

2017年はいつから花粉が飛ぶ?

出典元:https://www.photo-ac.com/main/detail/395980

見てるだけで鼻がムズムズしてきます!!

マスクしてメガネするとメガネが曇るし、夜は鼻づまりで寝つきが悪くなるし、花粉症の人にとって春は本当に嫌な季節になりましたよね!

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに目のかゆみや充血。

個人差はあれど、花粉症の症状は鼻と目に出ることが多いです。

ところで花粉と言ってもいくつかの種類がありますが、一番最初に飛散を始めるのはスギ花粉です!

スギ(2月~4月)

ヒノキ(3月~5月)

カモガヤ(4月~7月)

ブタクサ(8月~10月)

こうしてみると、一年中花粉は飛んでいるんですね…‥。

自分はもうこのまま一生冬でもいいと思うくらい花粉症がひどいです。

しかし幸いな事に、スギとヒノキの花粉にしか反応しないので、つらいのは春から梅雨にかけての季節なんですね。

でも一年の三分の一はマスクと薬とゴーグルに頼らなくてはいけないなんて幸いとは言えないか……。

出典元:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/pollen/2017/01/17/63041.html

tenki.jpで発表された花粉飛散時期の図です。

九州と四国、中国地方の一部は2月10日から飛散開始の予想になってますね!

近畿地方から関東地方に本格的に花粉が飛び始めるのは2月15日~2月20日頃のようです。

スギ花粉の飛散ピークは地域によっても違いますが、近畿~関東あたりまでは3月上旬から中旬にかけてがピークになるようですね。

それより東だとピークが遅くなり、近畿より西の地方はピークが早くなると言うわけです。

今年は多い?少ない?

出典元:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/pollen/2016/10/06/55731.html

うわあ……西が真っ赤やないか……。

北海道(シラカバ花粉)から関東地方までは去年よりも少ないと予想されているようです。

近畿、四国、九州地方の花粉の飛散量は去年の2倍以上になると予想されています!!

しかも近畿地方に至っては前年の3.6倍もの花粉が飛散すると予想されていました……。

これはもう、早め早めに体質改善に努めて、少しでも花粉症の辛さを和らげる準備をしなくては!!

スポンサーリンク

今から始める対策!

出典元:https://www.photo-ac.com/main/detail/427605

花粉症対策にいいと言われている食品は結構有名ですよね。

・ヨーグルト

・ポリフェノールを含む野菜や果物

・甜茶やべにふうき茶

などです。

ヨーグルトに関しては食べたらすぐに花粉症に効果が期待できると言うわけではなく、花粉の季節が始まる前から食べる習慣をつけておいて、腸内環境をよくするのが重要だと言われています。

ヨーグルトに含まれる善玉菌が腸内環境を良くしてくれると、免疫力が高まります。

免疫力が高まると、花粉症の症状が緩やかになるというわけなんですね!

では、花粉症にイイと言われている野菜にはどんなものがあるでしょうか??

花粉症対策として野菜を選ぶときは、ポリフェノールを含んでいるかどうかをポイントに選ぶと良いようです。

ポリフェノールにはこんなに種類があります。

カテキン……緑茶

リコピン……トマト

アントシアニン……ブルーベリー・カシス

ケルセチン……玉ねぎ

イソフラボン……大豆

サポニン……ごぼう

どの野菜もスーパーで手に入るものばかりですね!

毎日少量でもいいから食べ続けるのがいいみたいです。

ちなみに、野菜の中でも最強のポリフェノール食材と言われているのがごぼうですね!

ごぼうに含まれるポリフェノール(サポニン)には、悪玉コレステロールを分解するパワーや、若返りの効果も期待できるそうです!!

しかも、ごぼうは食物繊維の塊なので腸内にたまった宿便などを排出してくれて、体が内側からキレイになるというおまけもついてます!

加熱調理してもサポニンが分解しないことも、野菜の優等生らしい特徴ですね!

そんなごぼうをおいしく食べるのにオススメなレシピは、きんぴらごぼうです!

出典元:https://www.photo-ac.com/main/detail/340321

ニンジンに含まれるカロテンは、のどや鼻の粘膜を強くする栄養です。

しかも、カロテンは油で調理することで体に吸収されやすくなるので、きんぴらごぼうは最強の花粉症対策フードになるというわけですね!

薬の第一世代と第二世代とは?

鼻水や鼻詰まりが多少あるけれど、ティッシュ箱があれば大丈夫。

それくらいの症状なら、点鼻薬だけで乗り切ることができるかもしれませんね。

でも、この記事を見ている人は自分と同じ、シーズン中は常にマスクを手放せないレベルだと思って話を進めます。

花粉症の薬には第一世代と第二世代と言う区別があります。

第一世代は即効性があるが眠気や口の渇きなどの副作用を感じやすいというもの。

プレコール持続性鼻炎カプセルなどが第一世代です。

第二世代は即効性はないものの、副作用を感じにくく、効き目も長く続くといというもの。

第二世代には、アレグラやアレジオン、ストナリニZなど、新しい薬が多いですね。

仕事が忙しくて病院に行く暇がないと言う人は、市販薬に頼るしかないと思いますが、やはり副作用も少なくて、長く効いてくれる第二世代の薬のほうがおすすめですね。

今からキチンとできる対策を行って、迫りくる花粉に備えましょう!!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする