A LIFE(アライフ)6話!榊原実梨着用のスーツのブランドは?

出典元:https://www.instagram.com/a_life_tbs/

愛人と妻がごたいめーん!

背筋ゾーっとします!!

女同士の戦いって腹で何考えてるかわからないからコワイですね!

A LIFE(アライフ)6話のネタバレを含むあらすじや、壇上記念病院の顧問弁護士、榊原実梨が着ているスーツのブランドについても調べてみました!

スポンサーリンク

A LIFE(アライフ)6話のあらすじ


出典元:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/gallery/

※ネタバレしてます!

深冬(竹内結子)の治療方法が見つからないまま、時間だけが過ぎていきます。

「ごめんね、腫瘍のこと、気を使わせちゃって」

深冬は通帳や保険証券やハンコをひとまとめにし、壮大(浅野忠信)に渡しました。

「もしもの時は」

「そんなこと言うなよ!俺たち病院を信じてくれ!」

救急に60歳の男性が運ばれてきました。

「ドベイキー1型かい離。オペが必要です」

その男性は弁護士の榊原実梨(菜々緒)の父でした。

実梨の父は彼女が小さい頃に女を作って母子を置き去りにし、残された二人は大変な苦労をしたと言います。

すぐにオペが必要だから、同意してくださいと頼むと、娘である実梨はにべもなく断りました。

「同意はできません。どうしてもと言うのなら、条件があります……井川先生に執刀をお願いします」

さらには、他の先生が手を出して少しでもおかしなことがあったらただちに訴える。

実梨はそう言いました。

井川(松山ケンイチ)はそのオペの経験がありません。

実梨と二人きりになった壮大は、実梨を責めます。

「こんな時に困らせないでくれよ」

「副院長にはわかってもらえると思ったのに……副院長だって、父親は許せない、父親を捨てたって言ってたじゃない」

「なんの話だよ」

壮大は一人残された部屋の中で、昔を思い出します。

一光(木村拓哉)の家で鯛茶漬けを食べたこと、一光が父親と楽しそうに話していてうらやましかったこと、自分は自宅で父親にひどい言葉をかけられたこと。

壮大は立ち上がり、一光のオフィスに向かいました。

「時間がないんだ。深冬のこと、頼むよ」

「ああ」

深冬は再びMRI検査を行いました。

腫瘍の大きさは、この2か月で5ミリ大きくなっていました。

実梨は同意書を提示しました。そこには井川先生が執刀して、それをモニターで実梨が確認すると書かれています。

オペ前日。

井川は頭を抱えます。

「こんなの無理だよ!やったことないオペだし、助け求めたらこの病院が訴えられるし、めちゃくちゃだよ!」

背中を向けていた柴田(木村文乃)が振り返りました。

「自分でやるって言ったくせに、無理だとか言う医者……沖田先生に頼めば?助けてくれるんじゃない?」

実梨とすれ違った深冬は「お大事に」とつぶやきました。

実梨は振り返り、深冬を呼び止めます。

「聞いてないんですか?あんなの父親じゃないんです。深冬先生は恵まれてるからわからないでしょうね」

「そうね……私は幸せよ。ものすごく幸せ」

オペ当日。

壮大の部屋に実梨が現れました。

二人はモニターを食い入るように見つめます。

「深冬先生、たぶん気づいてますよ、私たちの事。提携の話もまとまったことだし、私は用済みなんじゃないですか?いいですよ、終わりにしても」

「ありがとう」

実梨の表情が変わりますが、壮大は気にも留めません。

オペ中、予想外の事態が発生します。

対応がわからず固まった井川を、周りはハラハラしながら見守ります。

モニターを見ていた壮大はオペ室に電話し、「沖田に代われ!」と怒鳴ります。

「今執刀医が考えてるんだ!静かにしろ!」

沖田が電話を一方的に切断すると、井川は突然動き出します。

オペは無事に終了し、井川はその場に崩れ落ちました。

「うわわわわあああ、終わったああ」

「焼き肉奢ってね、シミュレーション付き合ってあげたんだから」

「もちろんです!」

「手術の同意は、娘さんにしてもらいました」

父親が目を覚ますと、実梨は書類を差し出しました。

「あなたにお願いがあります。今後一切、私に頼るようなことはしないでください。同意書にサインを」

実梨は父親から書類を受け取りました。

「二度とお会いすることはありません」

壮大は桜坂中央病院との合併の件を院長に報告に行きました。

「よくやった……とでも言うと思ったか?学会で噂になってたぞ。恩師を売ってまで合併したいかと」

「私はただ、小児外科の赤字を補おうと思って」

「経営者としての品性に欠ける!こんなものに価値はない!」

院長に怒鳴られると、壮大は子供の頃父親に怒鳴られた記憶がよみがえります。

深冬が家で娘の洋服を整理していると、娘がそばに来ました。

「どうして服の整理してるの?」

「莉菜が大きくなったからよ」

「あ、(水着を手に取り)海行きたい!」

「夏になったらね」

「どうして?」

娘がどうしてを連発したせいで、深冬はつい声を荒げます。

「もーうるさい!」

深冬は父に莉菜を預けて沖田の所に行きました。

「ねえ、あと何か月なの?」

「そういうのあてにならないってわかってるだろ」

「いいから教えて!」

「4か月か5か月」

深冬は頭に手を当ててパニックに陥ります。

「私には時間がないのね、娘はまだ小さいし、父と壮大さんの事だってまだ!」

「必ず方法を見つけるから!」

深冬が泣き出し、頭を掻きむしろうとするのを、沖田は抱き留めました。

「よせ、絶対に救うから、それまで絶対にどこにも行かないから、な?」

壮大は二人が抱き合う姿を見て踵を返します。

感想や視聴率!


出典元:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/gallery/

何か…菜々緒の父親、弁護士になって余裕があるから…たかりそうな気がするのは私だけ?

たかりそうな気もしますけど、同意書にあっさりサインしてほしくない娘のツンデレな心も垣間見えたような気がしました。

A LIFE(アライフ)6話の視聴率は15.3%でした!

大河より視聴率持ってますね!

スポンサーリンク

榊原実梨着用スーツはakikoogawa?


出典元:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/gallery/

黒いスーツがよく似合ってますね!

菜々緒ちゃんは美人なので、何を着ても似合いますけどね!!


出典元:http://www.akikoogawa.com/lookbook/akikoogawa/2017ss/index.html

菜々緒ちゃん演じる美人弁護士が着ていたスーツはakikoogawaのスーツではないでしょうか??


出典元:http://akikoogawa.blogspot.jp/2017/02/a-life.html

前回のお話だったと思いますが、このタイプのスーツも着てましたね!

akikoogawaのスーツの価格帯は30000円から100000円ほど。

美人弁護士さんだけあって、こんなスーツを何着も何着も持ってるんでしょうね!

akikoogawaの店舗は東京・兵庫・大阪などの都市にありますが、ZOZOTOWNなどの通販でも取り扱いがあるようですね!

http://zozo.jp/brand/akikoogawa/
スタイルのいい人しか着こなせない気もしますが……。

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする