倉沢ケイナがかわいい!インスタも大人気!母はあの人!父の年収は?

kurasawakeina1

10月11日の火曜サプライズに出演した倉沢ケイナちゃんの注目度が急上昇しているようですね!

母は80年代に一世を風靡したあのアイドルだというケイナちゃん。

世界の日本人妻は見た!の番組内でもその美貌が話題になり、いよいよ日本の芸能界に上陸しそうな予感がしています!

可愛すぎるというインスタや、セレブだというその暮らしぶりについても調べてみました!

スポンサーリンク

倉沢ケイナのプロフィール!

kurasawakeina2

名前:倉沢 桂奈(くらさわ けいな)

生年月日:不明(17歳)

出身地:不明

特技:英語/日本語

現在ドバイに住んでいるケイナちゃんは、あるアイドルの娘として日本のバラエティ番組に出演し、その可愛さで急激に人気者となった女の子です。

そのアイドルというのは……わらべの倉沢淳美さんです!

Exif_JPEG_PICTURE

日本の芸能界を引退した倉沢淳美さんがオーストラリア人の男性と結婚し、現在ドバイに住んでいるということをバラエティ番組で取り上げられた際に、その娘がかわいすぎてヤバイと話題になりました!

番組内では、ケイナちゃんの16歳の誕生日を祝うため、20万円以上のお金をかけてパーティの準備をする淳美さんの姿が取り上げられてこんな反響がありました!

天使すぎる!ドキドキが止まらない

ケイナちゃんになりたい!

一瞬にして超有名人になったケイナちゃんは、日本の芸能界にデビューするのではないかという期待が寄せられているようですね!

インスタがかわいい!

kurasawakeina3

kurasawakeina5

kurasawakeina6

ミランダカーに雰囲気が似てますね!

可愛いしスタイルいいし金持ちだし、日本中からあこがれの視線を独り占めしてそうです!

母はわらべの倉沢淳美!

kurasawakeina7

変わりませんね~!

倉沢ケイナちゃんの母は元歌手でアイドルの倉沢淳美さんです!

名前:倉沢 淳美(くらさわ あつみ)

本名:淳美ラング(あつみらんぐ)

生年月日:1967年4月20日(49歳)

出身地:神奈川県相模原市

血液型:B型

学歴:日本女子体育短期大学保育科

職業:タレント/歌手/女優

1982年に「欽ちゃんのどこまでやるの?」のなかのユニット「わらべ」の一員として芸能界デビューした倉沢淳美さん。

歌手としても「プロフィール」や「ある愛の詩」などの曲をリリースして人気を博しますが、芸能界で活躍していた期間は実は結構短いんですね!

歌手としてソロデビューしたとき、1984年4月8日に札幌市で行われたサイン会の中で、サイン会に参加していた男性から突然刃物で切り付けられるという事件が起きてしまい、右手首を6cmも切ってしまうという怪我を負った淳美さん。

怖いですね……AKB48の握手会でもファンに扮した刃物男が紛れ込んでいたことがありました。

アイドルというのは本当に大変な仕事だと思います。周りの人がガッチリ守ってあげてほしいものですね!

そんな過去も持っている淳美さんでしたが、ジムで出会ったオーストラリア人男性と結婚してからは芸能界を事実上引退し、今は3人の子どもにも恵まれて幸せいっぱいな生活を送っているようです。

父親はドバイの富豪?

kurasawakeina8

倉沢ケイナちゃんの父親は石油系の会社で働くオーストラリア人男性で、2011年からドバイに住んでいるそうです!

誕生日パーティに20万もかけるんだから、さぞかしいい生活してるんだろうなと思いきや、ドバイの富裕層の中ではそんなにお金持ちではないほうなのだとか……。

ドバイで暮らす人たちの平均年収は1000万円を超えているそうなので、やはりケイナちゃんの父親も年収は1000万円前後なのかもしれませんね!

人が集まるとどうしても階級ができてしまうのは世の常なのでしょうか?

ドラマ「砂の塔」で菅野美穂さんの笑顔が引きつっていたのを思い出します!

ケイナちゃんの自宅は父の会社の社宅で、お手伝いさんもいない状態で、家事は全部母の淳美さんがやっているのだとか!

まあ、日本の家庭ではそれが普通ですけどね!

そんなわけで、目玉が飛び出るほどセレブな生活を送っているというわけではないようです。

日本に遊びに来る時には、必ず母とケイナちゃんで100均に寄って大量に買い物をするという話もありますので、ドバイという特殊な環境の中では、庶民派と呼ばれているのかもしれませね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする