工藤めぐみ(サンバダンサー)の年齢や出身は?強盗事件とは?

kudomegumi1

出典元:http://www.cieej.or.jp/cieeclub/interview/1508/02.html

エキゾチックな雰囲気の美女ですね!彼女はポルトガル語を使いこなすサンバダンサー!

リオデジャネイロにサンバ留学した経験を持ち、リオのカーニバルでも大活躍の彼女。

日本人なのになぜサンバダンサーになろうと思ったのでしょう?

今回は2月28日の情熱大陸に出演するという工藤めぐみさんを調べてみました!

スポンサーリンク

工藤めぐみのプロフィール

kudomegumi2

出典元:http://www.cieej.or.jp/cieeclub/interview/1508/02.html

名前:工藤 めぐみ(くどう めぐみ)
生年月日:1985年9月3日(30歳)
出身地:兵庫県神戸市
サイズ:身長・168cm
特技:ポルトガル語

リオのカーニバルというとナイスバディなお姉さんたちが豪華絢爛な衣装を身にまとい踊りまくる!というイメージのお祭りだと思っていましたが、あれ、競技大会でもあるんですね!

日本人サンバダンサーの工藤さんがサンバを始めるきっかけになったのは、1995年のこと。

1995年に発生した阪神淡路大震災、その後神戸市の姉妹都市だったリオデジャネイロから、たくさんのサンバダンサーが慰問に訪れたのだそうです!

当時10歳だった工藤さんはそれを見てサンバの魅力に取りつかれたといいます!

その気持ちわかりますよ!筆者も一度目の前で見たことあるんですけど、もうものすごい迫力ですよね!

頭のてっぺんから手の先、足の先までぶるぶるぶるぶるよく動くこと!

サンバの魅力に取りつかれたという彼女は母と一緒にサンバの教室に通い始めます。

そして2004年にはダンスのインストラクターになり、翌年、大学を一年休学してリオにサンバ留学したそうです!

リオデジャネイロでは、トラジサォンポルテーラという2つのサンバチームのオーディションに合格した工藤さん。

本場で実力を認められている時点ですごいのですが、2005年の2月には、サンバダンサーのなかでもソロを任されるというパシスタに抜擢されてリオのカーニバルに出場します!

2008年にはサルゲイロというチームに加入し、翌年の2月、そのチームのパシスタとして、16年ぶりにチームを優勝に導いたという工藤さん!

スゴイですね!

その後も毎年サルゲイロのパシスタとして活躍を続け、日本国内でも数々のショーに出演して後輩たちの指導にも力をいれているそうです!

リオのカーニバルについて

riocarnibal

ラスボスか!どんだけ自分を開放してんねんアンタら!ま、目の保養になるので止めませんけどね!

そもそもブラジルのカーニバルとは、イースターの前40日間がカトリック教徒にとっては禁欲期間なので、その前にハジケまくるぞ!というお祭りのことです。

時期はだいたい2月から3月の初旬にかけて行われ、この間ブラジルは全土でカーニバルが行われています!

しかし、世界的に有名なのはリオ・デ・ジャネイロの サンボドロモで行われるサンバパレードのコンテスト。

われわれ日本人がリオのカーニバルと呼んでいるのもこのコンテストのことが多いです。

豪華絢爛な衣装にもかかわらず肌を大きく露出している踊子たち、好き勝手に踊り狂ってるのかと思いきや、ちゃんと技や衣装など、審査を意識しながら踊ってるんですね!

会場で技を競い合うリオのカーニバルを見るなら、チケットも必要になってきます。

チケットは1か月前から売り出されるようで、一部の銀行や旅行代理店で入手することができます。

もちろん、当日券も会場で販売していますが、会場の前でウロウロしていると高額な値をふっかけてきたり、偽物を平気で差し出すダフ屋もいるようなので、前もって買っておいた方が安心ですね!

でも、どうしても安く手に入れたい!という人は、ダフ屋を信じて交渉するのも楽しいかもしれません。

筆者は十数年前にブラジルに観光旅行に行ったのですが、ブラジル人の友人の完全なる金魚のフンでした。

ガッチーニョがオス猫(イケメン)、ガッチーニャが可愛い猫(子猫や可愛い女性のこともこう呼ぶ)、ガットンがデブ猫(たしかデブ猫です。記憶がちょっとあいまいですが)

この三つしかポルトガル語は覚えませんでした。あ、あとひたすら使ったのがオブリガード!(ありがとう)

スポンサーリンク

強盗事件とは?

faverra

ブラジルは、日本に比べると非常に治安が悪いというイメージがあります。

友人と一緒にブラジルに行ったときは、「明日行く場所ではボロを着て、日系人のフリをしろ。あんまり日本語をしゃべるな」とさんざん注意されたこともあります。

あと、日本人の男はモテるから、襲われないように気を付けろ。とも言われて戦慄しました!

工藤めぐみさんがサンバダンスの練習で訪れていた町はファヴェーラ、スラム街でした。

そこはちょっとした犯罪でもすぐに銃で解決するという非常に治安が悪い地域で、夜のサンバ練習の時には工藤さんもボロボロの洋服を着て、現地の人間だと思われるよう気を付けていたそうです。

しかし、2014年の元旦、現地で強盗に襲われて頭を強く打ち付けてしまったという工藤さん。すぐに地元の住民たちによって病院に担ぎ込まれた彼女は一命をとりとめます。

しばらくはダンスができなかったそうですが、脳しんとうの後遺症が消えるとすぐに踊りだしたというのだから驚きです!

相当サンバが好きなんですね!

ダンスの画像や動画は?

kudomegumi3

めっちゃイイ笑顔です!

ほぼ全裸!目のやりどころに困りますな~♪

工藤めぐみさんはサンバダンサーたちの中でもスーパースター!

kudomegumi4

とうもろこしのおばけ!?

衣装も踊りもスーパーゴージャスな工藤めぐみさん!サンバダンサー日本代表として今後も頑張ってください!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする