五月千和加(五月流三代目家元)の本名や結婚は?尾上辰巳との関係は?

2019年に平成が終わるかもしれないそうですね!

昭和生まれはさらに化石扱いされるやないの!!!

自分だって大正生まれの人はふんどし履いてるもんやと思ってましたけどね。

自分が年取ってみると……思ってたんとちゃう。ってかんじです。

ところで、日本の古き良き伝統芸能と言えば歌舞伎や日本舞踊ですが、日本舞踊の三代目家元がものスゴイギャルだと話題になってます!

ギャルと聞いたら調べずにはいられませんね!

というわけで今回は五月流三代目家元五月千和加(さつきせんわか)さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

五月千和加(五月流三代目家元)とは?

名前:五月 千和加(さつき せんわか)

別名義:五月 光(さつき ひかり)

本名:不明

生年月日:1992年1月生まれ(24歳)

出身地:東京都

学歴:目白大学社会学部

職業:五月流三代目家元

日本舞踊の家元にしては自由な感じしますね。

髪の色といい、セクシーな表情といい。

日本舞踊五月流の公式サイトの画像は黒髪で、メイクもだいぶ控え目なのですが、インスタの画像はかなりハジけてますね!

インスタのIDは@ariel_0130ht

もんのすごいタトゥーの画像も見れます!

五月流のサイトのプロフィールには、1月生まれとしか表記されていませんでしたが、インスタIDから予想する誕生日は1992年1月30日なのではないでしょうか??

24歳にしては大人びてますよね!

30代に見えなくもない……。

今日は五月流でのお舞初め👘 古典3曲踊ったよ💕

家元ってこんなフレンドリーな感じでしたっけ??

家元と言うと伝統芸能の最高権威継承者で、黒髪を結って上品に着物を着こなしている淑女を想像するのですが……想像してたんとちがう。

見た目こそギャル風ですが、五月流の家元だけあって、幼少期からトンデモナイ英才教育を受けているようです。

・日本舞踊は五月千王と坂東勝友に師事

・鼓は人間国宝の堅田喜三久に師事

・清元(唄・三味線)を清元梅寿太夫師と紫葉師に師事

2歳で五月光として国立大劇場の初舞台を踏み、9歳で五月流三代目を襲名しています。

五月千和加さんのプロフィールを見ていくと、聖学院幼稚園に通い、小学校を経て跡見学園中学・高校を卒業しています。

二代目宗家の五月千介さんは跡見学園女子大学を卒業されているようですが、五月流の子は代々跡見学園に入学することになってるんでしょうか??

千和加と書いてせんわか、スゴイ名前ですけど本名じゃないんですよね。

本名を調べてみたのですが、有力な情報は見つけることができませんでした……もしかして、2歳の時から舞台名として名乗っている光さんというのが本名だったりして!?

結婚してるの?

爪の赤も髪の赤もあざやかですな!

テディベア🐻と一緒に指輪💍くれた(о´∀`о)❤ おそめのクリパ🎄🎅🎉 . .

ティディベアと一緒に指輪をくれるのは、どう考えても彼氏でしょうね!

五月千和加さんが結婚していると言う情報はなく、インスタを見ても家庭的な雰囲気からは程遠い感じなので、まだまだ恋愛を楽しんでいる状況なのかもしれません。

スポンサーリンク

尾上辰巳との関係は?

尾上辰巳という歌舞伎俳優を知っていますか?

自分は知らなかったんですけど、若手で、期待のホープだったそうです。

なぜ過去形なのかって??

実は、2011年の7月に、32歳という若さで自ら命を絶ってるんです。

若手歌舞伎俳優の尾上辰巳さん(32)が、3日午前2時ごろ、 都内の代々木公園内で首をつり、見つけた知人女性の通報で、 病院に搬送されていたことが4日、分かりました。遺書などは無く、目撃者の証言から自殺

どうやら、代々木公園で女性と散歩していて、何か理由があって、尾上さんが一人になった時タオルで首つりをしたようなんです……。

じつは、その時一緒にいた女性と言うのが五月千和加さんだったのではないかと言われています。

尾上辰巳さんは歌舞伎の家系に生まれたわけではなく、なかなか大舞台で注目を浴びることがなかったようです。

そのせいなのか、当時付き合っていた本命女性のほかに、日本舞踊の家元の娘と出世をもくろんで二股をかけていたと言う噂があります。

……そう、その日本舞踊の家元の娘というのが、当時19歳だった五月千和加さんだったと言われているんです!

千和加さんが尾上さんとの写真を本命の彼女に見せたり、密会の内容を話したりとかなり追い詰めたことで、本命の彼女が自ら命を絶ち、尾上さんは本命の彼女の後を追ったと言われています。

これ、本当ならおそろしすぎますね……10代女子の嫉妬とエネルギーというのは手が付けられないほど強いですからね!

ありえない話ではないと思います。

既に削除されているようですが、千和加さんのブログに当時、こんな記事がアップされていたようです!

「尾上さんとは 自分が9歳の頃に初めて知り合いました
(中略)

搬送先病院に「彼女です」と嘘をついて面会お願いしましたが だめでした
早く目覚めて!お願い!」

首を吊ったというニュースは放送されましたが、その後彼が亡くなったと言うニュースは、あまり大々的に放送されなかったようです。

もしかして……圧力!?

五月流の評判についても!

日本舞踊五月流 二代目五月千和加 稽古場

住所:東京都台東区池之端 4-9-4

営業日:月、火、水、木、金、土、日

時間:9時から21時まで

日本舞踊のけいこの月謝というのは、教室によってまちまちだそうですが、どこもおおよそ1万円の入会金と、一回につきの月謝が1万円ほどかかるようですね。

しかも、発表会や心づけに、着物代なども入れると、年間300万円はくだらないそうです!!!

いやー、理解できません!

年間300万円を何かに費やすとなれば、絶対に食に費やしたい!!

日本舞踊と言うのはお金が有り余ってる人の習い事なんでしょうね。

五月流の評判についてもネットで調べてみましたが、恐ろしいほど書き込みが見当たりません。

生徒が全然いないのか?あるいはかん口令が敷かれている!?



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする