のぶみ(絵本作家)の本名や奥さんは?元ヤンキーだから嫌いの声も!

nobumi1

いじめられっ子→暴走族→絵本作家。

今では子供向け番組でかならずといっていいほどのぶみさんのイラストが使われていますね!

平凡な家庭に生まれ育ち、美術系の学校を経て、絵本作家。というプロフィールであればなんとなくうなずけますが、この人はもと暴走族の総長!

一体何がどうしてどうなったら絵本作家になるんでしょうね!?

スポンサーリンク

のぶみのWikiやプロフィール

nobumi2

名前:のぶみ
本名:斉藤 のぶみ(さいとう のぶみ)
生年月日:1978年4月4日(37歳)
出身地:東京都品川区
職業:絵本作家

NHKのおかあさんといっしょの「よわむしモンスターズ」や「こちょこちょむしのこちょたろう」などで大人気ののぶみさん。

今までに作った絵本は160冊以上もあるそうです!絵本作家というと牧歌的な雰囲気の人を想像しますが、そうでもないんですね!

nobumi3

昔はこんな感じだったそうです!前から歩いてきたら絶対に目を合わせないタイプ!

一体どうして絵本作家になったのでしょう??

のぶみさんは暴走族を経て入学した専門学校で、ある女性に恋をしたそうです。そして、ナント!

彼女を振り向かせるために絵本作家を目指したといいます。ハッキリ言って動機が不純……。

しかし、その力が今ののぶみさんを作り、多くの子供を楽しませているのだから、世の中はわからないものです!

本名は?

こんな本も出しています!のぶみさんの本名は、斎藤のぶみさんというらしいです!

のぶみという名前は、男の子にしては珍しい名前ですね!しかもひらがなです!

女の子のように見えるこの名前が原因で、小学生の時はイジメにあっていたそうです。

そのせいで、自○未遂を2度もしていたと告白しています。

スポンサーリンク

奥さんや子供は?

一男一女の父親でもあるのぶみさん。

160人をまとめる池袋連合という族の総長から絵本作家へ彼を変えたのは、何を隠そう今の奥さんだったそうです!

女の子との出会いを求めて保育専門学校へ入学したというのぶみさん。……そうです、彼が絵本を書くきっかけを作った人、その人が今の奥さんなんです!

意外に一途なんですね!

彼女に何が好き?と聞いたのぶみさん。「絵本」という答えが返ってきました。するとのぶみさんは彼女の気を引きたい一心で「俺、絵本描いてる」とうそをついたそうです。

しかし、それからがのぶみさんのすごいトコロ!

バイクで爆音を出すことに命を懸けていたのぶみさんが、一転して6000冊の絵本を一か月で読み、2年にわたって300冊の絵本を描いたそうです!

思い込んだら一直線。そんな性格なのかもしれませんね!

彼女には、絵本作家の賞を一つでも取ったら付き合うよ。といわれ、それこそ死にもの狂いで努力したというのぶみさん。

のぶみさんもスゴイけど、元チーマーをここまで変えた奥さんもスゴイ!

昨年一番売れた絵本!

ママがおばけになっちゃった は、今までにあまり見なかった。‘お母さんが死んでしまう’というところから物語が始まる絵本です。

子供を持つ親なら一度は頭をよぎる不安。そこにスポットを当てた一冊です。

絵本業界では考えられないほどの大ベストセラーで、去年最も売れた絵本だといわれています!

身近な人との死別をテーマにしているのに、全体的に明るい雰囲気の絵本で、子どもたちに死というものを考えてもらういい機会を与えてくれる絵本です!

他の絵本は?

こちらものぶみさんの第ヒットシリーズ、ぼく、仮面ライダーになる!ゴースト編です。

仮面ライダーも、最初はちゃんとバイクに乗ってたのに、前回は車に乗ってる仮面ライダードライブ。

今回はお化けになっちゃった仮面ライダーゴーストという昔では考えられない設定です!

最新の仮面ライダーのも出ています。

でも、子供たちの熱狂的な支持を得ているのは間違いないようで、その人気にあやかり(?)この絵本も大人気です!!

おとなでもドキっとするこの題名。子供の世界にも存在する人間関係のいろいろを、のぶみさん独自の視点で描いています。

この絵本は、読み終わった後、子供にも子供なりの社会があるということを思い出させられます。

親子で寝る前に読むのにおすすめかもしれません!

その過去や、絵本作家になった経歴から、アンチファンも多いのぶみさん。

1月14日のゴロウ・デラックスに出演し、番組オリジナル絵本も作られるそうです!

今後さらに活躍の場を広げていきそうな感じがしますね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする