カーディストリーのやり方は?ザックミューラーの技に釘付け!

cardistry1

ウォッ!手がデカイッ!

これだけ手がデカければいいマジシャンになりそうですね!

マジックにはタネや仕掛けがありますが、彼の見せる技には、タネも仕掛けもありません!

LA発の魅せるエンターテイメント!

中毒性が高いと言われ、超話題になっているカーディストリーについて調べてみました!

スポンサーリンク

カーディストリーって?

cardistry2

カーディストリー(Cardistry)とは、トランプのカードをまるで生き物のように操る曲芸で、別名「カードフラリッシュ」とも呼ばれています!

マギー審司がラッキーちゃんを操るテクニックと同じようにも見えるし、がーまるちょばのパントマイムの要素も含んでいる不思議な技なんです。

maggysinji1

アメリカやシンガポールの若者たちの間で今、このカーディストリー人口が急激に増えているそうです!

これは日本に上陸して大ブームを巻き起こすのは時間の問題かもしれませんね!

このカーディストリーはもともと、マジシャンがマジックの合間に観客を飽きさせないパフォーマンスとして楽しまれていたものですが、

今ではそのパフォーマンスだけが独立して、急激に進化を遂げたといいます!

カーディストリーがはじまると、まるでカードが宙に浮いているように見えてくるから不思議です!

ザックミューラーの技がすごい!

zackmuller1

幸せそうっすね♪

カーディストリー好きが高じて、会社まで作ってしまった若者がこの、ザックミューラー君です!

カードを自在に操り、驚きを隠せない店の人たちに向けて渾身のドヤ顔!

スシ屋、ホテルのフロント、ここまではいいのですが、タクシーの清算の時までやるんかい!とちょびっとイラついた筆者は心が狭いのでしょうか?

もし彼の後ろに行列ができていたら、ゆうゆうとカードを操る彼の後頭部にハリセンがとんで、

どうでもええからはよ出さんかい!

と突っ込みが入るでしょうね!

ひろーい心でもう一度この動画を見てみると、すべてのシーンでマジシャンがマジックを披露しているようですね!

最後には、マジシャンの技に目を見張ったザック君が、感動のあまりカードを忘れて飛行機に乗っちゃうというエンディングでした!

ザック君は自分のサイトでカーディストリーのさまざまな技の紹介をしていて、Fontaine Cardsという会社のCEOにもなっています!

この若さで会社のCEO!?さすが自由の国アメリカですね!

ザックのプロフィール

zackmuller2

名前:Zach Mueller(ザック ミュラー)
生年月日:不明(20歳)
出身地:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
職業:パフォーマー/実業家

彼のインスタグラムを見ていると、LAにいる普通の男の子と言ったイメージですが、その素顔とはどんなものなのでしょう?

フェイスブックのプロフィールでは、尊敬する人物にアメリカのコメディアン・Louis C.K.の名前を上げ、好きなミュージシャンはコールドプレイとなっています。

ますます普通の男のコという感じがしてきましたよ!

しかし!ザック君が普通じゃないのは、2014年から自身が代表を務める会社Fontaine Cardsで活動しているところ!

この会社は企業とのタイアップCMやカーディストリー専用のトランプの販売などもしているようです!

でもこれ、カーディストリーの流行が終わってしまったら、どうやって食っていくのでしょう?次に打つ手は考えてるんでしょうか??

まだあどけない雰囲気のザック君を見ていると、余計なお世話の親心が出てしまいます……。

やり方や練習方法は?

カーディストリーには、基本の持ち方からスィングカット、ウォーターフォールやバレエダンサーがくるっと回る姿を模したピュリエットなど、さまざまな技がありますが、ザック君のサイトではその方法が動画で詳しく紹介されています!

当然ながら全編英語なので、動画を見ながらマネをするのが一番です!

こちらが基本の持ち方で、下の動画が、一枚のトランプをくるっと回して見せる‘One Card Twirl’という技です!

こちらがカードを滝のように落としていく技‘Waterfall’です!

カーディストリーの技を一つでも習得すれば、絶対に合コンで女のコの人気を独り占めできますね♪

上達するには、常にカードを触っていることも秘訣なのだそうです!

2016年、カーディストリーは日本に大ブームを巻き起こすのでしょうか!?

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする