K-SUKE(マジシャン)のプロフィールや本名!トリックの種明かしも!

k-suke1

何も入っていない、結露もしていないカクテルシェーカー。

しかし、マジシャンが一度タッチしただけでシェーカーの表面に結露が始まり……蓋を開けると出来立てのカクテルが!!

どうぞ、と言われてもちょっと飲む気がしませんが、このマジシャン、一体どうやって空のシェーカーからカクテルを登場させたのでしょう!?

今回はマジック界のキングの座を勝ち取ったイケメンマジシャンK-SUKEについて調べてみました!

スポンサーリンク

K-SUKEのプロフィール

k-suke2

名前:K-SUKE(けーすけ)
本名:関根 慶祐(せきね けいすけ)
生年月日:1990年4月29日(25歳)
出身地:千葉県船橋市
血液型:A型
サイズ:身長・182cm
職業:マジシャン
所属事務所:フリー
特技:英語

現在はフリーとして活動されているそうですがこの人、マジシャンとしてはかなりの実力者のようです!

7歳の時にマジックを始めたK-SUKEは、数多くのマジックコンテストに出場し、さながら道場破りのように最年少での受賞記録を重ねていったと言います!

その華々しい受賞歴の一部がこちらです。

・Magic Masters Open 2005 ジュニア部門 優勝

・Magic Castle Scout Caravan 2007 優勝

・Magic Masters Open 2009 優勝

・EMC Rating Contest 優勝

その活躍は日本国内にとどまらず、アジアの大会でも快挙を成し遂げています!

・Asia Magic Convention クロースアップマジック部門 準優勝

高校を卒業したK-SUKEは、その後、海外のマジシャンに弟子入りしたそうです。

もう、マジシャン以外の将来は考えていなかったのでしょうね!

彼の特技が英語となっているのは、師匠についてめぐった国々で、英語を習得したからだと言います。

彼の人生そのものがまるで、一つの映画のようですね!

マジシャンとしての経験を積んだK-SUKEはテレビ朝日出放送されたマジシャン日本一を決める戦い「最強No.1決定戦 マジック王-KING-」で優勝を勝ち取りました!

本名や年齢は?

k-suke3

K-SUKEという芸名は、母親がその独特のつづりを考えたそうです。

気になる彼の本名は関根慶祐(せきねけいすけ)くん!

今年26歳になるK-SUKEは、エマ・ワトソンやフィギュアスケートの浅田真央ちゃんと同じ世代なんですね!

種明かしは?

k-suke4

シーンマジックという独自のジャンルのマジックを開拓したK-SUKE。

その耳慣れないシーンマジックというものの正体は、お客さんの持ち物などを借りて、その場その場でマジックをつくるという即興マジックのことでした!

K-SUKEがメディアに一気にその名をとどろかせた番組・マジックキングの中で披露したマジックとは、

・テーブルの端に座っている石原良純さんの手のひらにマジックで×印を書込み、その×印そのものを良純さんの手から、遠くに座っているヒロミの手のひらに移動させる。

・その場で足立梨花に借りた指輪を空中浮遊させる

・表向きと裏向きにシャッフルしたカードをカクテルシェーカーに入れて、パンサーの向井にシェイクさせると、取り出したカードの向きがすべてそろっている。

・カードの向きを合わせるときに使った空のカクテルシェーカーから、ショーの最初にLilicoが答えた好きな色「ピンク」と同じ色のカクテルが突然現れる。

足立梨花ちゃんからその場で借りた指輪を空中浮遊させたのは、マジシャン御用達のインビジブルスレッドという糸を使用したマジックだと思われます!

カードマジックの種明かしは結構たくさんの動画がyoutubeにアップされているようでしたが、K-SUKEが披露したマジックの種まではわかっていないようですね!さすが王者です!

シャッフルしたと見せかけたカードが、実は全然シャッフルされていなかったという種のマジックは、トリックの詳細が明らかになっているようですね!

これからのお花見シーズン、マジックを披露できれば一気に人気者の座を独占できますね!

JALのCMでは、アメリカで爆発的に流行しているカーディストリーを披露するザックミューラー君と夢の競演を果たしています!

実はこのCMのすべてのシーンで、K-SUKEがマジックを披露しているんですよね!

ザック君の手の動きも素晴らしいですが、K-SUKEの魅力もお見逃しなく!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする