和知徹(マルディグラ)のプロフィールや経歴!店の場所や値段は?

watitoru1

おいしそうなお肉ですね♪

5月8日の情熱大陸に登場するのは肉料理のスペシャリスト・和知徹さん!

極上の肉を求めて世界を旅するという、何とも幸せな料理人の和知さん。番組の中で究極の肉料理を追い求める姿を見せてくれる和知さんとは、どんな人物なのでしょう?

スポンサーリンク

和知徹のプロフィール

watitoru3

名前:和知 徹(わち とおる)

生年月日:1967年7月13日(48歳)

出身地:兵庫県淡路島

血液型:A型

学歴:辻調理師専門学校

職業:料理人 (フランス料理)

高校を卒業後、辻調理師専門学校に進んだ和知さん。

一年後にはそのフランス校に進み、調理の勉強をした和知さんは、ブルゴーニュ地方にあるランパーニュという一つ星レストランで半年間の研修を経験します。

その後は……

1987年 レストランひらまつに入社

1996年 ヴィヴァロワ(パリ)で3か月研修

1997年 アポリネール(ひらまつの系列店)の料理長に就任

1998年 グレープガンボに転職 料理長に就任

2001年 独立

順調に料理人としての経験を重ね、2001年に自分の店をオープンした和知さん。

ちなみに好きな音楽はフォークロックで、CCRやボンイヴェールを好んで聴くそうです!

好きな映画は「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」そして好きな小説家は重松清さんだという和知さん。

そんな和知さんのお店は、10種類以上の肉素材を使って料理を作ることで有名です。

しかも、力を入れているのは肉料理だけではなく、フォカッチャやサラダの素材も日本各地から仕入れた厳選素材を使用しているそうです!

肉シェフ!?

watitoru2

レストランひらまつと、フランスで学んだ和知さんのお店で味わえる肉の種類は10種類以上もあるそうです!

肉の素材って10種類もあるもんでしょうか!?

一般家庭の食卓に日々登場する肉と言うと、牛・豚・鶏くらいしか思い浮かびません!

10種類以上と言っても牛の体の部分が何種類もあるとかではなく

牛・豚・鶏・羊・鴨・鳩・兎・ うずら・ダチョウ・鹿・猪・馬・かえるなどなど……。

中でも和知さんが一番好きな肉は豚肉で、調理方法やソースのバリエーションなどを考えるのが楽しくてしょうがないと以前インタビューで語っていました!

和知さんの店では、毎日自家製のソーセージやベーコンも作っているそうです!

情熱大陸では、肉を求めて旅をする料理人として紹介される和知さん。

肉に対する探究心が強いことから、肉シェフの異名を持っています!

結婚や子供は?

watitoru4

優しそうな笑顔ですね♪

美味しい肉料理を追求し続ける和知さん。

フレンチのオーナーシェフという職業、そしてこんなに優しそうな雰囲気の男性ですから、周りの女性がほおっておくわけない!

と思い調べてみましたが、プライベートに関する情報は明らかにされていないようでした!

店の場所や値段は?

watitoru5

マルディ・グラ (Mardi Gras)

住所: 東京都中央区銀座8-6-19 野田屋ビル B1F

電話番号:03-5568-0222

営業時間:月~土 18:00~24:00(L.O.23:00)

最寄駅:各線新橋駅徒歩5分

お店の名前の由来となったマルディグラというのは、カトリックの祭りの中でもごちそう(肉)を食べる特別な日の事です。

日本語では謝肉祭と呼ばれるカーニバルの期間中、カトリック教徒は断食や節食をして、特に肉を食べることを控えます。

そんなわけで、カーニバルが始まる直前の日に、高脂肪で豪華な肉料理をたーんと楽しみましょう♪という日がマルディグラなんです!

和知さんが自分のお店にマルディグラという名前を付けた気持ち、なんとなくわかる気がします!

肉料理を楽しむレストランには、これ以上ないってくらい良い名前ですね!

マルディグラでは、肉をがっつり食べたい人を必ず満足させてくれるというメニューが豊富で、赤ワインが好きな人ならさらに肉料理を楽しめると評判です。

ディナーの予算は10000円~15000円と予算は少しお高めですが、銀座という立地を考えればそれほど高すぎるということはないのかもしれません。

シンプルに肉を楽しめて、赤ワインも楽しめるというマルディグラ。

育ち盛りの若者たちにとっても最高のお店かもしれませんね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする