永山祐子(建築家)の結婚した旦那や子供は?経歴や作品も紹介!


出典元:https://matome.naver.jp/odai/2141376939259719801/2141404251360508603

杉花粉のピークはいつ終わるんでしょうね??

日本中の杉の木を伐採してしまいたい衝動に駆られます!

日本の建築家にはとりあえず杉の木だけを使って建物を作ってもらうようにひとつお願いしたいですね!

ところで、建築家というと男の仕事と言うイメージがありますが、横顔にあどけなさの残るこの女性は自分の事務所も持っている建築家の永山祐子さんです!

次回のSWITCHインタビュー達人達に出演するようですね!

スポンサーリンク

永山祐子(建築家)の経歴


出典元:http://www.newyorker.co.jp/magazine/interview/bijin/186/

髪型からして幼い感じがします!

女子高生の制服を着て生徒にまぎれたら見つけられる自信ないかも……。

名前:永山 祐子(ながやま ゆうこ)

生年月日:1975年(41歳か42歳)

出身地:東京都

学歴:昭和女子大学生活科学部生活環境学科

職業:一級建築士

建築士と聞くと男性ばかりを思い浮かべますが、最近は女性の建築士も増えてきているようですね!

永山さんはもともと、生物物理の研究をしていた父の後を追って、生物学を学ぼうとしていたそうです。

しかし、高校生の時バスの中で当時親しかった友人に「私は建築の方面に進みたい」と告げられて、「あ、私も」と思い、バスを降りるまでのたった15分の間に自分の将来を決めてしまったそうです!

友達の存在って大きいですよね!

何を言っても勉強しなかった子供が、友達に成績を追い越されそうになった途端勉強を始めたなんてよく聞く話です。

今まで独身でもいいやと思っていたアラサー女子が、次々と友人の結婚していく姿を見て焦りだしたりとかね!

高校卒業後は昭和女子大学生活科学部活環境学科に進学し、大学卒業後は青木淳建築計画事務所に入社した永山さん。

この事務所は4年で出なくてはいけないと言う決まりがあったようで、4年間は馬車馬ならぬ回し車の中のハムスターのように働いたそうです!

そして彼女が独立したのは入社から4年後、26歳の時でした。

2002年に永山祐子建築設計を設立し、2年後には中之島新線駅企画デザインコンペ優秀賞を受賞。

2005年には「ルイヴィトン京都大丸」を手掛けて、JCDデザイン賞の奨励賞を受賞しています!


出典元:http://www.japan-architect.co.jp/jp/works/index.php?book_cd=100501&pos=15&from=backnumber

2008年にはURBAN PREM南青山の建築、2009年にはカバヤ珈琲を改修設計し、着々と作品を作り上げていく永山さん。

2014年には、豊島横尾館のリノベーションを手掛けたことで日本建築協会からJIA新人を受賞しました!

結婚した旦那は?


出典元:http://www.commons-sense.net/cs2/blog/yureeka/the-ultimune-evening-by-shiseido/

永山祐子さんの夫に関してはなかなか情報が見つからなかったのですが、ワンダーリリーの社長ユリーカさんのブログに画像がアップされていました!

夫の職業や年齢などは不明でしたが、お名前は「アキラ」さんと言うそうですね!

二人の間には男の子と女の子が生まれていて、2014年の時点で受けたインタビューの中では2歳と5か月と答えているので、今は幼稚園の年長さんと年少さんくらいではないでしょうか?

ただ、芸能人のようにインスタやブログをしているわけでもなく、フェイスブックは会社のものだけ登録しているようなので、子供の情報もしっかりと守って、ネットに公開しない方針なのかもしれませんね!

3月25日のSWITCHインタビュー達人達の中では、結婚した夫や子供たちについても話をしてくれるのでしょうか??

スポンサーリンク

作品についても!


出典元:http://www.yukonagayama.co.jp/jp/works/architecture/detail_16.html


出典元:http://www.yukonagayama.co.jp/jp/works/architecture/detail_16.html

こちらは東京都台東区谷中にあるカバヤ珈琲です。

築年数は今年でなんと101年!

大正5年に建てられたこの建物は、店を切り盛りしていたおばあさんが亡くなったことでしばらく閉店していたそうです。

2009年にNPO法人の協力で改修されることが決まり、改修設計を任されたのが永山さんの事務所でした。

大正ロマンの雰囲気を残しながら現在も営業中のカバヤ珈琲は、ノスタルジックな雰囲気に包まれるカフェとして地元の人だけでなく日本中からファンが集まるそうです!

カバヤ珈琲

住所:東京都台東区谷中6-1-29

電話番号:03-3823-3545

営業時間:月~土 8時~23時 日 8時~18時

定休日:なし(年中無休)


出典元:http://www.yukonagayama.co.jp/jp/works/architecture/detail_5.html


出典元:http://www.yukonagayama.co.jp/jp/works/architecture/detail_5.html

不思議な形の屋根ですね!

こちらは東京都内にある三方向を高い建物に囲まれた立地の家で、屋根をすり鉢状に変形させる事で多くの光を取り入れられるよう設計された「丘のある家」です!

中庭から空を見上げると、丘のふもとから空を見上げるような爽快な気分になれるというこの家。

永山さんはどんな条件でも住む人がワクワクできるような家を作ってくれる建築家さんのようですね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする