海老沼匡が日本兵顔で筋肉もかっこいい!結婚した嫁もチェック!

ebinumamasasi1

ロンドン五輪の銅メダリストがリオで再び戦いの火花を散らします!

日本兵顔とか修行僧とか言われているこの選手は男子柔道66kg級の海老沼匡選手!

筋肉ムキムキでかっこよすぎる海老沼選手、そのプロフィールや結婚した奥さんについても調べてみました!

スポンサーリンク

海老沼匡のプロフィール

ebinumamasasi2

名前:海老沼 匡(えびぬま まさし)

生年月日:1990年2月15日 (26歳)

出身地:栃木県小山市

血液型:О型

サイズ:身長・170cm/体重・66㎏

学歴:明治大学

職業:柔道選手

趣味:ドライブ

ロンドン五輪では銅メダルを手にした海老沼匡選手。

二人の兄が柔道をしている姿を見て、自らも柔道を始めたそうです。

幼少の頃は、後に60kg級の世界チャンピオンとなる高藤直寿選手も所属することとなる野木町柔道クラブで柔道に明け暮れたそうです。

ちなみに上のお兄さん・聖さんは個人インカレを制覇し、現在匡選手と同じパーク24に所属しています。

二番目のお兄さん・毅さんは流通経済大学に所属して、現在も柔道選手として活躍しています!

兄弟三人全員が柔道の選手だと、兄弟げんかしたとき大変なことになりそうですね。

中学や高校は?

中学生の時に上京した海老沼選手は、柔道の強豪中学である世田谷区立弦巻中学に入学し、全国中学校柔道大会の66kg級で優勝を勝ち取っています!

高校は世田谷学園高校に進み、二年生の時にはアジアジュニアで優勝を飾っています!

ちなみに、この時生涯の伴侶となる女性に出会っている海老沼選手。

お相手は同じ柔道選手の阿部香菜選手です。

彼女は当時東北高校の三年生で、付き合いはじめのころは遠距離恋愛だったようですね!

スポンサーリンク

日本兵っぽい?

ebinumamasasi3

※画像はイメージです。

一番手前で微笑む日本兵なんて、海老沼選手にそっくりですね!

今でも日本兵というあだ名で呼ばれることのある海老沼選手。

ロンドン五輪の時に出演した「ロンドン五輪2012明石家さんま&櫻井翔&上田晋也メダリスト生大集結祝勝会」という番組内で、小声でしゃべる海老沼選手に「日本兵か!」とさんまさんが突っ込んだのが最初だったそうです。

さんまさん、毎度毎度核心をついてきますね!

しかし海老沼選手の素顔は日本兵というより、「修行僧」や「サムライ」といったあだ名のほうがしっくりくるまじめでストイックな性格なのだそうです。

個人的には修行僧のイメージがばっちりハマります!

チベットとかでオレンジ色の袈裟着てあぐらかいてたら、絶対現地の人に間違える自信ありますよ!

筋肉がすごいの?

ebinumamasasi4

道着の隙間から見える筋肉がすごいですね!

これは6パックに割れてる可能性が高いです!

試合前になると、体脂肪を5%にまで絞るそうです!

あんまりムキムキすぎて、プールなんかでは沈んでしまうでしょうね!

もともと筋肉質な体型だったという海老沼選手、プライベートでは酒を一滴も飲まないまじめな性格だと言われています。

リオ五輪でメダルを取ったら、一滴くらいは飲んでもいいと思いますけどね!

結婚相手は?

ebinumamasasi5

こちらが高校生の時から愛をはぐくんだ奥さん、元柔道選手の阿部香菜さんです!

名前:阿部 香菜(あべ かな)

生年月日:1988年4月25日(28歳)

出身地:宮城県石巻市

血液型:A型

サイズ:身長・160cm

奥さんは女子柔道63kg級の選手として、2010年のワールドカップブダペストで優勝した経験を持つ実力者です。

高校三年生の時海老沼選手と知り合い、高校卒業後は三井住友海上に入社して柔道をつづけましたが結婚を機に引退しています。

プロポーズの際には、海老沼選手が用意したリムジンで東京タワーなどをめぐりながら車内でプロポーズをしたそうです!

日本兵とか修行僧とか言われている海老沼選手ですが、意外とロマンチストなんですね!

韓国の誤審騒動とは?

ebinumamasasi6

ロンドン五輪の準々決勝。

韓国のチョ・ジュンホ選手と海老沼選手の対戦でその騒動は起きました。

試合開始からしばらくはほぼ互角に戦っていた両者でしたが、海老沼選手の小内刈りが決まってチョ選手が横向きに倒れます

そこで主審はそれを有効と判断したのですが、なぜかその判定が取り消しに。

そして試合はそのまま続き、海老沼選手が優勢に見えた試合は時間切れで勝敗は判定を待つことに……そこで出された判定が、チョ選手の勝利だというものだったのです。

韓国勢は沸き立ちましたが、それをかき消す勢いで会場内に響いたのは日本人を含むその場にいた多くの客の大ブーイング!

すると、それをうけた審判長が主審と副審を呼びつけて何やら話し合い……結局、海老沼の勝利を表す白い旗だけが上がったのでした。

なんでしょう。この状況。

韓国が審判を買収して「とりあえずどんな結果になっても、判定でチョ選手を勝たせて。でも、日本人以外のブーイングが聞こえたら却下にしていいよ」とでも言ったように見えますね!

リオではこんなおかしなことが起きないといいですね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする