綿貫陽介の出身高校や身長は?Wikiプロフィールや戦績もチェック!

watanukiyousuke1

錦織圭選手、リオでの銅メダルおめでとうございます!

今、日本のテニス界は黄金時代に入ったと言われていますね!

ミライモンスターにも出演して、「第二の錦織圭選手」との呼び声が高いのは、まだ高校を卒業してプロになったばかりの綿貫陽介選手!

この選手には、東京五輪で金色のメダルをぜひ掴んでほしい!

高身長でイケメン、世界2位の実力を持つ綿貫陽介選手について調べてみました!

スポンサーリンク

綿貫陽介のwiki風プロフィール

watanukiyousuke2

名前:綿貫 陽介(わだぬき ようすけ)

生年月日:1998年4月12日(18歳)

出身地:埼玉県

サイズ:身長・181cm/体重・63㎏

学歴:西宮甲英高等学院

職業:プロテニスプレイヤー

所属:フリー

利き手:右

バックハンド:両手

綿貫選手に関しての情報はかなり少ないですね……というのも、彼は2016年にプロに転向したばかりのルーキーなんです!

ルーキーとは言え、次世代の錦織選手になるとも期待されている実力の持ち主で、ジュニア世界ランキングは2016年4月25日付けで2位を獲得しています!

テニスクラブを経営する両親の元に生まれた綿貫選手は三人兄弟の末っ子です。

長男は綿貫裕介選手。

次男は綿貫敬介選手。

そして末っ子の陽介選手、三人兄弟全員がプロテニスプレイヤーなんです!

watanukiyousuke6

右から陽介選手・敬介選手・裕介選手です!

上の二人はペアを組んで数多くの試合で勝利を重ねる名物兄弟ペアとしても知られています!

ご両親はさぞかし鼻が高いでしょうね!

戦績やランキングは?

watanukiyousuke3

小さな頃から兄達の後を追うようにテニスに明け暮れた陽介選手は、2010年に全日本ジュニアU12で準優勝を勝ち取っています!

そして去年行われた2015年埼玉国際ジュニア大会で優勝を飾り、世界スーパージュニア・ダブルスでも優勝、さらには、2016年全豪オープンJrベスト8に進出しています!

そんな陽介選手の世界ジュニアランキングは2位!

その上には、ハンガリーの選手、M・バルクス選手しかいません!

世界で2位ってすごいことですよね!

出身高校は?

watanukiyousuke4

好きな芸能人は香里奈で、好きな食べ物はオムライスだという普通な感じの綿貫陽介選手。

そんな綿貫選手の通っていた高校は、西宮甲英高等学院というスポーツと学業を両立させるには最高の環境をくれる高校だったそうです!

西宮甲英高等学院は兵庫県神戸市西宮にある高校で、通学スタイルを選ぶことができます。

一つは全日制、そしてもう一つが通信制。

通信制には全日制に近いコースと、単位を取れば卒業できる比較的自由なコースもあり、個々のスタイルに合わせて勉強ができて、しかもテニスの強豪校だというテニスプレイヤーを目指す若者にはもってこいの環境!

そんな中でのびのびとテニスの腕を磨いた綿貫選手は、メキメキと実力を伸ばします!

身長は?

watanukiyousuke5

パッと見、かなり高身長ですね!

先ほど綿貫三兄弟が並んだ画像を張りましたが、上の兄二人より頭一つ飛び出していました。

そんな陽介選手の身長は181cm。

錦織圭選手が178cmで、テニス界一熱い男・松岡修造が188cm。

テニスの試合はコート内を縦横無尽に走り回ってボールを拾わなくてはいけないので、脚が長いほうが有利ですよね!

もちろん脚力や持久力、瞬発力など総合的な力が必要とされるスポーツではありますが、体が大きければ有利であることに変わりはありません!

両親のテニスクラブについても!

綿貫選手の両親が経営しているのは埼玉県春日部市にあるグローバルプロテニスアカデミーです!

グローバルプロテニスアカデミー

住所:埼玉県春日部市下蛭田2−1

電話番号: 048-755-5370

最寄駅: 豊春駅

プライベートレッスン:30分 3000円/60分 5000円

こちらの校長が陽介選手の父である綿貫弘次さんで、母の千鶴さんはコーチングスタッフをされています!

体験レッスンは随時受付中で、砂入り屋外人工芝に、レンタルラケットやクラブハウスも完備している地元では名門のテニススクールのようです!

しかしながら、公式サイトの作りは先進的とは言い難いかも……テニスが一流なんだから、そんな細かいこと気にしなくてもいいですかね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする