西亜里沙(DRUM TAO)がかわいい!彼氏や結婚は?動画もチェック!

nishiarisa1

和太鼓って島国特有の情熱表現方法だと思います。

群れの中で自分の言いたいことを押し隠してきた人たちが、

祭りになると神輿を担ぎ、和太鼓を打ち鳴らす。

すさまじい迫力があるから、多くの人の血が騒ぐ。

日本は欧米に比べるとおとなしい国民性だと思われがちですが、

秘めた情熱を誰もが持っているんですよね。

北野武監督の「座頭市」でも、太鼓のリズムが加速して

観客の鼓動をヒートアップさせたように、

太鼓のリズムは日本人の心と密接につながっているような気がします。

というわけで、今回は日本が誇る和太鼓パフォーマー、

DRUM TAO(ドラムタオ)の西亜里沙さんを紹介します!

スポンサーリンク

DRUM TAOって?

tao1

日本の素晴らしさを全世界に発信し続けるパフォーマンス集団・DRUM TAO。

結成は22年前の1993年です。当初は愛知県を拠点として活動していたDRUM TAO。

より良い環境を求めて、1995年に大分県へ拠点を移動します。

極限まで鍛え上げた肉体と、日本の伝統楽器を使った

力強いパフォーマンスは世界中にインパクトを与えています。

世界進出のきっかけは2004年のエディンバラ。

世界最大の芸術祭と言われる「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」に初出場し、

公演のチケットを完売させます。

そして翌年には同じ芸術祭でチケットセールス売上№1の座に!

その後世界20か国、400もの都市で公演を続けるDRUM TAO。

メンバーの平均年齢はだいたい30歳くらいでしょうか。

新しいメンバーの生年月日などの情報が見つからなかったので正確なことは言えませんが、

力強いパフォーマンスに若さは不可欠なのでしょう!

現在のDRUM TAOに、結成当初からいるメンバーはこの二人。

tao2

名前:水藤義徳(すいとうよしのり)
生年月日:1973年5月20日(42歳)
出身地:愛知県

水藤さんは元リーダーで、現在は三味線のパフォーマンスを担当されています。

tao3

名前:黒柳夏子(くろやなぎなつこ)
生年月日:1974年9月20日(41歳)
出身地:愛知県

ドラムだけでなく横笛も使いこなす貴重な女性メンバーです。

他にも岸野央明さん(1983.10.31生まれ:東京都出身)や

河原シンゴさん(1984.03.16生まれ:神奈川県神奈川県出身)や

森藤麻記さん(1971生まれ.07.12:福岡県出身)など、

出身地も年齢も様々なメンバーがそろっています。

2020年東京オリンピックでもそのパフォーマンスを見せてくれると言うDRUM TAO。

日本が誇るパフォーマンス集団と言っても過言ではありませんね!

西亜里沙のWikiやプロフィール!

nishiarisa2

アジアンビューティー、力強い美しさです。

DRUM TAOをまとめる4代目リーダー、西亜里沙さんのプロフィールがこちらです。

名前:西亜里沙(にしありさ)
生年月日:1978年9月7日(37歳)
出身地:鹿児島県
学歴:指宿商業高校

高校時代は吹奏楽部に所属し、トランペットを吹いていという西さん。

高校卒業と共にDRUM TAOに入り、

現在はTAOの運営や経理なども担当されているそうです。

2015年の全国ツアーでは、演出家・宮本亜門と、世界的デザイナー・コシノジュンコ

コラボした百花繚乱 日本ドラム絵巻が日本中を沸かせています。

スポンサーリンク

彼氏や結婚は?

nishiarisa3

37歳にはとても見えません!かわいい!

たくましい上腕二頭筋を見ないようにすれば、モデルさんかと勘違いするほど。

これだけの美人ですから、彼氏がいてもおかしくないし、

37歳という年齢からすれば、結婚していてもおかしくないですが……。

33名の大所帯をまとめるリーダーの仕事はとても忙しい事でしょう、

結婚や彼氏などの情報は見つかりませんでした。

パフォーマンス動画が見たい!

気になるパフォーマンスが見てみたいですよね。熱いですよ!!

楽しそうに太鼓を打ち鳴らす姿は、見ているこちらを爽快な気分にさせてくれます。

今年の24時間テレビで義手の少年と共に

パフォーマンスを見せてくれたのもDRUM TAOでしたね!

屈強な男達を束ねる4代目リーダー西亜里沙さん。

9月12日のクロスロードでは、どんな素顔を見せてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする