伊藤清隆(リーフラス)の経歴や年収は?スポーツ教室の評判も!

itoukiyotaka1

なんじゃこのオヤジはぁっ!!自分もオヤジではありますが、カメラを踏みつけたりはしませんよ!

柔道着着てうりゃあっとカメラに向かって蹴りをかますのは、子供向けスポーツ教室で急成長中の、リーフラスの社長です!

4月14日のカンブリア宮殿に登場するリーフラスの社長・伊藤清隆さん。

勝ち負けよりも楽しむスポーツを推している伊藤さんとは、どんな人物なのでしょう!?

スポンサーリンク

伊藤清隆のプロフィール

itoukiyotaka2

名前:伊藤 清隆(いとう きよたか)
生年月日:1963年11月21日(52歳)
出身地:愛知県日進市
学歴:琉球大学教育学部
職業:リーフラス株式会社代表取締役社長/福岡航空学園理事長/甲南学園理事長

全国に向けて子供向けのスポーツクラブを展開しているリーフラス!

普通のスポーツクラブだと、能力の向上や種目ごとの優勝を目指す教育が主になると思いますが、リーフラスはそんな既成概念をぶち壊したことで10期連続で増収を続けているといいます!

そんなリーフラスの社長、伊藤清隆さんは、福岡航空学園と甲南学園の理事長も兼任されています!

一体どんな経歴をたどって、リーフラスを設立されたのでしょう?

経歴は?

itoukiyotaka3

前職は九州で学習塾の支社長を務めていたという伊藤清隆社長。

リーフラスを設立したきっかけは、その学習塾が九州から撤退することだったそうです!

2001年8月にリーフラスを設立した伊藤社長は、今までのスポーツクラブにありがちな

・根性主義

・体罰や暴言の禁止

を提示し、スポーツを通じて人間力を上げることを目標にしたスポーツクラブを作ろうと奮闘されます!

なぜこんな目標を立てたのかというと、社長自身が学生の頃経験した部活の野球で、スパルタ方式や根性論のようなものに疑問を持ったことが背景にあったようです。

スポーツで高みを目指す子供たちを指導するとなると、厳しい叱咤は当然のようにも思えますが、行き過ぎた体罰などはニュースでもよく話題になっていますね。

そんななか、時代のニーズに答える形で、リーフラスは事業を拡大していきます!設立からたったの4年で会員数1万人を超えたリーフラスの偉業は、業界では「リーフラスの奇跡」と呼ばれているそうです!

スポンサーリンク

リーフラスのスポーツスクールについて

leifras1

打ち破ってますねぇ~♪リーフラスは子供向けスポーツスクールをはじめ、

・講演会や講師のプロデュース

・幼稚園などへの出張スポーツ指導

・企業研修事業

・アスリートのサポート

などなど、スポーツや教育に関わる幅広い事業を行っています!

リーフラスが行っているスポーツスクールは、全国に4万人以上の会員がいる大規模なもので、サッカー/野球/バスケットボールなど、様々な種目から選ぶことができます。

サッカークラブはリベルタ。野球はポルテ。バスケットはハーツ。と、それぞれに北海道から九州まで全国にスクールが点在しています!

リーフラスのスポーツスクールは、働く側の人間の評価も非常に高く、応募者は年々増えているといいます!

評判は?

leifras2

NPO法人のJJFCから運営を受託しているリーフラス。そのスポーツクラブは多岐にわたっています!

サッカークラブのリベルタに関しては、地域差はあるものの、先生が本格的に指導してくれると好評のようです!

ただ、かかるお金については、ちょっと高いという声が多いようですね!

入会時には、登録保険代として5950円。月謝は月々5,950円~6,450円(地域によって違う)1回のレッスンで1,000円以上かかるんですね。

ただ、児童手当をもらっている家庭であれば、そこまで苦しい費用ではないような気もしますが……どうなんでしょう!?

家族や年収は?

itoukiyotaka4

女子サッカーの皆さんとも仲良くパチリ♪伊藤社長、ご満悦のようです!

毎月4万人以上の会員から月謝が入ってくるんですから、相当羽振りはいいでしょうね!とゲスの勘繰りを楽しんでおります♪

資本金が1億円で、毎年成長を続けている企業のトップとなると……2000万~2500万円くらいだと予想します!

今年の誕生日で53歳となる伊藤社長ですが、プライベートな情報は出回っていないようでした。

しかし、多忙な社長の毎日を支えてくれる奥様や家族がいてもおかしくないでしょう!



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする