木村尚子のプロフ!おやさいクレヨンベジタボーとは?通販は?

今回は、おやさいクレヨンベジタボーを開発した木村尚子さんについて特集します。

kimuranaoko1

おやさいクレヨンベジタボーって何?という方、多いのではないでしょうか?
そこで今回は、おやさいクレヨンベジタボーについてや、
木村さんのクレヨン開発秘話についてやまた、クレヨンの購入方法も含めて、
色々と調べてきたのでご紹介します。

スポンサーリンク

木村尚子のプロフィール

kimuranaoko2

本名 木村尚子

出身地 青森県青森市

職業 デザイナー

デザイン系の専門学校を卒業後に、地元の雑誌編集者やデザイン事務所で
経験を積んだ後、独立します。この時の木村さんは、子育てをしながら、
フリーランスとして、自ら営業、デザインをして生計を立てていたそうです。

子育てだけでも大変だと言う人がいますが、
木村さんは営業、デザインまでこなして見事ですね。

おやさいクレヨンベジタボーとは?

oyasaikureyon

おやさいクレヨンベジタボーとは、単に色の名前ではなく、
野菜そのものが粉末として入っていて、その野菜の名前で色を表しているそうです。

また、ライスワックスというお米からできたワックスを使っているので、
ほぼ100%植物由来の安心安全な素材ということです。

小さいお子さんが、誤って口に入れても安心ですね。

おやさいクレヨンベジタボーの誕生は、木村さんが子供のころから野菜や果物で、
絵を描いたらどうなるんだろうという思いから始まったそうです。

木村さんが独立し、その思いを形にしようということで、
アドバイザーやアートディレクターとの議論に議論を重ねて
野菜を使ってクレヨンを作ってみようということになったそうです。

当初、クレヨン開発はうまく行きませんでしたが、
東一文具工業所の水谷さんという方の協力によりクレヨンを製品化することに成功しました。

その次は、野菜の調達なのですが、なかなか協力してくれる農家が現れなかったそうです。
しかし、地元の農事組合法人あづまの三上理事長が廃棄野菜を提供してくれるようになり、
こうしておやさいクレヨンベジタボーは誕生しました。

kimuranaoko3

子供の頃の自由な発想が形になるというのは面白いですね。
木村さんの夢を実現できてよかったです。

スポンサーリンク

どこで買えるの?

oyasaikureyon2

お野菜クレヨンベジタボーが欲しいという方、
ホームページから買えるみたいですよ。
こちら↓
おやさいクレヨンベジタボーWebSop

全国の小売店でも、販売されているそうですが、
販売店に関する問い合わせもホームページで受け付けているそうです。

また、Amazonや楽天でも取り扱っているようです。

こちらはAmazon↓

こちらは楽天↓

お子さんへのプレゼントにいかがですか?

青森にある廃棄されている野菜を使おうということですが、
無駄をなくそうというのは素晴らしいですね!

また口に入れても大丈夫というのは女性らしい感覚です。
やさいクレヨンベジタボーがもっと売れるといいですね。

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする