浦井健治の彼女は蒼井優?結婚の噂は?舞台の評判もチェック!

uraikenzi1

ニーチェ先生王家の紋章など、話題作に次々出演している浦井健治さん!

舞台俳優としてのキャリアが長い浦井さんが、最近ちょくちょくテレビにも進出してくるようになり、最近世間の注目度も上がってきているようですね!

7月17日のボクらの時代に同世代の俳優小池徹平さんや三浦春馬さんとともに出演する浦井健治さん。そのプロフィールや熱愛彼女についても調べてみました!

スポンサーリンク

浦井健治のプロフィール

uraikenzi2

名前:浦井 健治(うらい けんじ)

生年月日:1981年8月6日(34歳)

出身地:東京都

血液型:A型

サイズ:身長・181cm

職業:舞台俳優/俳優

所属事務所:キャンディット

特技:歌/ダンス/サッカー/水泳/けん玉

趣味:童話を書く/スパ・温泉巡り/テニス/観劇/子供に童話を聞かせる

童話を書いたり、子供に童話を聞かせるのが趣味だという一風変わった浦井さん。

いいパパになりそう。という意見しか出てきませんが、作家でも目指しているんでしょうか??

彼が舞台俳優として活躍を始めたのは2001年、「美少女戦士セーラームーン」の舞台でのタキシード仮面役が初めてでした!

その後、たぐいまれな歌声でファンたちにその存在感を印象付けたのは「アルジャーノンに花束を」でのチャーリィ・ゴードン役です!

この役を演じた時には、読売演劇大賞贈賞式でその歌唱力を披露しています!

ギャラリーがうるさくて歌が台無しな感じもします……。

身長高くて歌がうまくてイケメンで、非の打ち所がない浦井さん!

「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」にも出演していましたが、パワハラ所長を演じて視聴者から嫌われたり怖がられたりもしたそうです。

悪役というと、「仮面ライダークウガ」でも強烈な悪役を演じていました!

uraikenzi3

こちらはダグバ。

究極の闇をもたらすものとして仮面ライダークウガの前に立ちはだかり、破壊を遊びと捉え、人々を体内から発火させ、3万人以上を死に至らしめたという最凶の悪役です!

浦井さんはこの役を演じた時、役作りに励んだわけではなく、ダグバに体を乗っ取られたつもりで演じたそうです!

映画「レオン」で狂気の麻薬捜査官を演じたゲイリーオールドマンしかり、ウシジマ君演じる山田孝之しかり、悪役ができるイケメン俳優というのは、大器晩成しそうですよね!

テレビドラマに出演することがあっても、脇役のポジションが多い浦井さんは、今まで知名度が急上昇することはなかったようですが、ミュージカル界のプリンスとしてグループで売り出したStarSのメンバーが活躍を始めると、浦井さんの知名度もジワジワ上昇し始めました!

uraikenzi4

なっちと結婚して下町ロケットにも出演している山崎育三郎さん、知念里奈さんとの入籍が目前の井上芳雄さん、そして浦井健治さんの3名からなるグループは、ミュージカル俳優ならではの魅力と歌唱力で幅広い世代のファンの心をつかんでいるようですね!

彼女は蒼井優!?

uraikenzi5

2ちゃんねるでもその歌唱力が高く評価されている浦井健治さんですが、熱愛彼女として蒼井優さんとの噂が浮上しているようですね!

二人は2016年6月8日から26日まで公演されていた「あわれ彼女は娼婦」という舞台で、兄妹ながら互いを愛してしまうという役柄を演じました!

ただ……こちらはかなりの確率でガセのようですね。

蒼井優さんと言うと瑛太・岡田准一・大森南朋・鈴木浩介……次々に男性を虜にしては次へ行くという恋多き小悪魔としても知られていますが、2013年に三浦春馬君と付き合い始めてから落ち着いたと言われています。

浦井さんはほかにも、石田純一さんの娘でタレントのすみれさんとも熱愛報道があったそうですが、こちらも二人でいるところをスクープされたというわけではないので、信憑性はかなり低いかと思います!

34歳と言うと男性は女性にモテる時期ですからね~♪

引く手あまたで一人に決めかねてるとしてもおかしくないですよ!

結婚の噂は本当?

uraikenzi6

たいやき……。

ミュージカル界のプリンスの座に君臨するのが超大変そうだと分かったところで、浦井さんの結婚についても調べてみました!

共演者との熱愛疑惑は多数浮上しているものの、舞台にドラマにと大忙しのせいなのか、プライベートをスクープされることが皆無の浦井さん。

彼の女性ファンたちにとっては、まだまだロス現象が起こらない貴重な存在でいてくれるかもしれませんね!

舞台の評判は!?

アルジャーノンに花束を」や「マイ・フェア・レディ」での活躍が評価され、第三十一回菊田一夫演劇賞を受賞した浦井健治さん。

2009年には、新国立劇場で公演された「ヘンリー6世」の演技で第44回紀伊國屋演劇賞 個人賞も受賞しています!

蒼井優さんと共演した舞台「あわれ彼女は娼婦」を見た人の感想にはこんなものもあります!

汗、涙、鼻水、涎、液体と言う液体を垂れ流しながらお芝居をするけんちゃんの姿は、
見た目的にはあまり綺麗なものではないけれど、
そう言う生理現象が起きちゃうくらい深く入り込んで役を生きている姿は私の目にはとても綺麗に映った。

すごかったです。最後の浦井さんの演技に圧倒されました。

妹を好きになるってただのヘンタイやん。

と思っていましたがそんな印象が吹っ飛ぶほどの純愛で、浦井さんの演技がとにかく迫力もあり、セリフも美しくて見るものを惹きつけると大好評のようですね!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする