原昭彦(成城石井社長)の経歴や大学は?結婚や年収についても!

安売りの日がないスーパーは好きじゃありませんが、成城石井は気になるのでちょくちょく覗いてます。

安かろう悪かろうの真逆を行くスーパー、成城石井が今、成長を続けていると評判です!

自家製レーズン入りチーズケーキが絶品なんですよね♪

haraakihiko1

商品に対するこだわりを曲げないからこそ成長したという成城石井、若くしてその社長の座を手に入れた原昭彦社長が、11月26日のカンブリア宮殿に登場します!

スポンサーリンク

成城石井について!

seijoishii1

成城石井というと、高級・高品質スーパーというイメージがあります。

他ではなかなかお目にかかれない海外輸入製品や、オリジナル惣菜へのこだわりなどから、意識高い系主婦に人気ですよね!

現在は関東を中心に近畿・中部地方に130もの店舗数を広げている成城石井は、元は小田急小田原線成城学園前駅前にある果物屋さんで、社長が石井さんだったのが名前の由来だそうです。

なんともおおざっぱなネーミングですね!

でも、好きです。そういうの。

2014年にはローソンに全株式を買い取られたという成城石井。

資本金は52億5000万円で、2014年度の売上高は630億7900万円にも上ります!

原昭彦のプロフィール

haraakihiko2

お惣菜の新メニューをバッサバッサと却下していくという、厳しいこだわり持つ若き社長のプロフィールです!

名前:原 昭彦(はら あきひこ)
生年月日:1967年9月23日(48歳)
出身地:東京都
学歴:駒澤大学経営学部
職業:成城石井代表取締役社長

成城石井の惣菜のメニューを考えるのは高級ホテルやレストランのシェフなのだそうですが、一流の人が作ったものでも、簡単には商品化しないそうです。

原社長のこだわりと、商品チェックの徹底ぶりは他に類を見ないほど!

成城石井のプレスリリースにも

‘事業基盤の構築に大きく貢献した原昭彦が今回新社長に就任’

とあるように、その鋭い観察眼と商品管理の手腕で成城石井を大きく成長させた立役者なんですね!

スポンサーリンク

出身大学や経歴は?

komazawadaigaku1

そんなやり手の原社長が通っていたのは、スポーツに力を入れていることでも有名な駒澤大学です。

原社長は1990年に駒澤大学の経営学部を卒業し、その一か月後の4月に成城石井に入社します。

それから16年後の2006年には営業本部商品部部長に昇進し、2007年1月には執行役員に昇進します。

そしてそれからわずか4年後の2010年9月には、代表取締役社長の座を手に入れます!

就任時の年齢は42歳!若いです!!

こうやってみるとトントン拍子ですね!

結婚は?

トントン拍子に出世をされた原社長ですが、結婚などのプライベートな情報は出回っていないようでした。

ただ、大企業の社長というと独身のイメージはあまりないですし、古い言い方ではありますが家庭を守ってくれる奥様がいらっしゃるのではないでしょうか。

ところで、原昭彦というお名前、同姓同名のプロボウラーがいることも話題になっているようですね!

haraakihikobowler

フォームは素敵だけどルックスが……。

なんてね、失礼言ってスミマセン!

年収も気になる!

orangecake1

成城石井と言えばオレンジケーキもおいしいですね!

閉店間際に行くと値引きシールがあるという情報も!!

ところで、気になるのは社長の年収ですが、日経ウーマンオンラインの情報によると、一般企業の社長の平均年収は3430万円だそうです!

成城石井は2014年度の売上高は630億を超えてますから、原社長の年収は平均よりはずっとお高いと予想いたします!!

高級なのに、お客さんが離れてかないスーパー・成城石井。

そしてそれを支え続ける原社長が語る、成城石井の人気の秘密を知りたい方は11月26日のカンブリア宮殿です!!お楽しみに!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする