田口護(カフェバッハ)のWikiやプロフィール!ブルーボトルに影響!

私にとってコーヒーは人生そのもの。

そんなカッコいい言葉をさらっと言ってしまうこの人。

taguchimamoru1

コーヒー界のレジェンド、田口護さんが24日月曜日、

NHKのプロフェッショナルに出演されます!

今回は田口護さんについて色々調べてみました。

スポンサーリンク

田口護のプロフィール

taguchimamoru2

開店当時から多くのコーヒーファンに愛され続ける名店、

カフェ・バッハの創業者である田口護さん。なんかこの画像、どこかの国の政治家に似てるような……。

まずはプロフィールの紹介から。

名前:田口護(たぐちまもる)
生年月日:1938年
出身地:北海道札幌市
1968年にカフェ・バッハを開店。
1972年に、よりおいしいコーヒーを求めて自家焙煎を開始。

コーヒーを愛し、日本にコーヒー文化を浸透させた第一人者なんです。

1980年にはコーヒー自家焙煎セミナーを始め、その意志を継ぐ後継者を育成しています。

このセミナーは2015年の現在でも行っています。

Wikiでコーヒーと検索すると出てくるページ、

実は田口護さんの著書を参考に書かれています!

田口さんはこれ以外にもたくさんのコーヒーに関する著書を出版されています。

そして奥様はカフェ・バッハの店主 田口文子さん。

taguchifumiko1

開業当初にもうご結婚されていたようで、夫婦二人三脚で

日本のコーヒー界をけん引されてきたんですね!そんな生き方、憧れます。

お二人に子どもはいるのでしょうか?

あらゆるサイトを調べてみましたが、お子さんの情報は見つかりませんでした。

カフェバッハとは?

cafebach1

東京コーヒー四天王の一つといわれている自家焙煎珈琲の元祖、カフェ・バッハ。

良い豆を、最高級の焙煎方法で入れる。高級なコーヒーが頂けるお店なんですね。

しかし、コーヒーの世界にも四天王なんてあるんですね。

四天王っていうとすぐこっちの人らを想像してしまいますが、

sitennoh1

ちょっと、というかだいぶ違います。

東京珈琲四天王とは、

吉祥寺のもか(現在喫茶は閉店、豆の販売のみ)
亀戸のコーヒー道場 侍
銀座のカフェ・ド・ランブル
そしてカフェ・バッハです。

カフェ・バッハは、良い豆を一つ一つ手で選り分けるハンドピックと、煎りムラのない焙煎、

そして飲む分だけ焙煎する新鮮なコーヒーを提供するというこだわりを持つ名店。

こだわりぬいたコーヒーのお供には、手作りのおいしいパンとお菓子が用意されています。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーの原点

アメリカで不動の地位を築いたコーヒー界のAppleと呼ばれるブルーボトルコーヒー。

bluebottle

ブルーボトルコーヒーが今年2月東京に上陸して、ネット上ではその話題が持ちきりになっています。

ブルーボトルコーヒーの創業者ジェームス・フリーマン氏は、

・日本のコーヒー文化は洗練されている。
・日本の喫茶店が好きで、とてもインスパイアされている。

と公言されています。

そしてジェームス・フリーマン氏が愛する日本の名店を紹介した中に、カフェ・バッハがありました!

元はクラリネット奏者だったフリーマン氏。

2007年に来日した際、カフェ・バッハをはじめとする日本の喫茶店に立ち寄り、

そこで経験したおいしいコーヒーがブルーボトルの原点となったそうです。

場所やアクセス

あのブルーボトルの創業者に原点と言わしめたカフェ・バッハって、一体どこにあるの!?

というわけで、カフェ・バッハの場所はこちらです。

住所:東京都台東区 日本堤1丁目23−9
営業時間:8時30分~20時
定休日:毎週金曜日

東京メトロ南千住駅の南口を降りて、徒歩8分の場所にあります。

首都圏周辺に在住の方ならアクセスは便利な場所ですね♪

遠すぎて行けそうにない(涙)そんな方も、大丈夫!

コーヒー豆は通販でも入手できます!

詳細は公式サイトをチェックしてみましょう。

公式サイト:http://www.bach-kaffee.co.jp/index.html

評判は?

評判は、さすがの老舗といった感じですね!

ツイッターだけでなく、トリップアドバイザーや食べログにも好評価が書きこまれています。

匿名性の高いネット社会で高い評価を得られるお店ということは、素晴らしい事ですよね!

やはり創業者の人柄が店にも反映されるのでしょう。

今後も末永く頑張ってほしいです!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする