三科雅嗣の経歴は年収は?いちやまマートの独自戦略についても!

misinamasasi1

ビールと唐揚げの組み合わせを神だと思っている自分としては健康志向というのは程遠いものですが、健康でも美味しい食材なら大歓迎です!

次回のカンブリア宮殿は山梨発のローカルブランド・いちやまマートの社長・三科雅嗣さんが出演されます。

健康ブーム真っ只中の今、提携スーパーが1000店舗を超えるといういちやまマートとは?社長さんについても調べてみました!

スポンサーリンク

三科雅嗣の経歴

misinamasasi2

名前:三科 雅嗣(みしな まさし)

生年月日:1952年(63歳か64歳)

出身地:山梨県

学歴:慶應義塾大学

職業:いちやまスーパー代表取締役社長/新日本スーパーマーケット協会常任理事

新日本とくると即座にプロレスをイメージしますが、新日本にもいろいろあるんですね。

新日本科学とか、新日本建設とか、新日本スーパーマーケット協会とかね。

いちやまマートは昭和33年(1958年)に創業され、三科さんのお父さんが築いた会社でした。

しかし、そのお父さんは早くに亡くなってしまい、三科さんは若くして社長の座につかざるを得なくなってしまったのだそうです。

社長就任時には38歳だったという三科さん。

就任後は試行錯誤しながら12店舗を展開するも成功には至らず、12店舗中11店舗を閉鎖するという事態になったと言います。

最近中規模都市に増えつつある大規模スーパーに量で戦いを挑んだのが敗因だとみらていますね。

その時の経験から、いちやまマートは中規模スーパーの売りとして「良質な商品」にこだわり、根強いファンを増やしていったのだそうです!

いちやまマートについて

misinamasasi5

いちやまマートの特徴は「健康・安心・安全」をコンセプトにした自社ブラン「美味安心」を幅広く展開していることです!

商品のラインナップは、そば・ポトフ・ぽん酢・納豆・リンゴジュース・コーヒーなどなど。

グルテンフリーの食材や、水素水なんかもとりそろえているようですね!

合成着色料を使用していない商品ばかりを取り揃えているのがいちやまマートの自慢で、消費者に対してはこんな広告を打ったことでも有名になりました!

商品の中に合成着色料の入ったものを見つけたら、一万円の賞金がもらえる

こんなこと言われたら、一万円欲しさに庶民がいちやまマートに殺到するでしょうね!

考えましたね!

合成着色料というと、ハムなどを赤くするために利用されていたり、かき氷のシロップなんかの毒々しい感じをイメージします!

健康を守るためには、体にいいものを積極的に食べるよりも、体に悪いものを食べないほうがずっといいみたいですからね!

健康に気をかけている消費者にとっては合成着色料はないに越したことはないですよね。

なんとなく口にほおりこんでいるガムなんかも、食品の成分表示を見ると、見たことも無いカタカナの物質だらけでできてたりしますよね。

体に入れるものですから、その辺は慎重に行きたいものです。

いちやまマートのコンセプトは食を通じて幸せをもたらすというもの。

大きなスーパーに打ち勝つために打ち出された独自戦略である安心安全な食材を求めるという姿勢がファンの心をガッツリつかんだようです!

年収は?

SONY DSC

いちやまマートの売り上げ高は2015年は225億円でした!

2016年の売上高については発表されていませんが、店舗展開を広げ続けているところを見ると、売り上げは好調なようです。

クックパッドとも提携して、本日のおすすめ商品やその値段などをリアルタイムでチェックすることができるようです!

今後も成長を続けていきそうないちやまマート。

その社長である三科さんの年収はどれくらいなのでしょう??

年商から予想する年収は……1億円くらいでしょうか!?

家族は?

misinamasasi5

三科さんは父親が55歳の時に亡くなり、お兄さんが46歳という若さで亡くなっています。

さぞかしつらい思いをされたでしょうね……。

三科さん自身は結婚して子供もいるようですが、画像や名前などのプライベートな情報は明らかにしていないようでした!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする