吉田正仁がリヤカーで世界一周した資金は?出身大学や仕事も調査!

yosidamasahito1

5月19日のクレイジージャーニーに、リヤカーで地球一周分を歩いたというツワモノが登場します!

自らをアルキニストを名乗っているのは吉田正仁さん!

どんなルートを通ったのかも気になりますが、彼のプロフィールやスポンサーの有無なども調べてみました!

スポンサーリンク

リヤカーで世界一周!(ルートも)

yosidamasahito3

クレイジージャーニーという番組は、この人のために存在するのではないか?

そう思うほどクレイジーな旅人がこの吉田正仁さんです!

自ら決めたルールである「極力交通機関は使わない」を極限まで守り続けた吉田さんは、2009年の元旦に上海から旅をスタートさせました!

彼のたどったルートはこちらです

yosidamasahito2

旅の友は、頑張ってためたなけなしの資金400万円と、リヤカーです。

上海を出発した吉田さんはポルトガルに向かい、いくつもの国境を経てユーラシア大陸を横断しました。

さすがに海はリヤカーでは渡れないので、北米までは飛行機の力を借りて移動し、その後オーストラリア・東ティモールを経て地球一周を成功させたという吉田さん。

並々ならぬ決意で成し遂げたというよりも、なんでも楽しみながらひたすら歩いているというイメージです。

そんな彼の人物像とはどんな感じなのでしょう??

かなり変わっているということは間違いないと思いますが……。

吉田正仁のWikiプロフィール

yosidamasahito4

名前:吉田 正仁(よしだ まさひと)

生年月日:1981年(34歳)

出身地:鳥取県鳥取市

好きな国:カザフスタン

日焼けしてますね~♪

子供のような笑顔で旅を楽しんでいるようです!

この旅でつぶした靴は合計7足。

カナダでは熊にテントを押しつぶされそうになり、とっさにソーセージを投げて気をそらし逃げたというエピソードも持っている吉田さん。

万一その時いい感じの肉を持っていなかったら……考えるとオッソロシイですね!!

もともとバックパッカーだったという彼は、大学卒業と同時にあるきにすとへの道を進んだそうですが、就職はしなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

出身大学や仕事は?

yosidamasahito5

出典:https://www.amazon.co.jp/リヤカー引いて世界の果てまで-地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅-幻冬舎文庫-吉田-正仁/dp/4344422252

33か国を歩き、4万キロを時速5キロで歩き切った吉田正仁さん!

この旅を始めるまでは、実はニートだったそうです!

ニートが一念発起して世界一周旅行!?

この題材だけでも面白い物語になりそうですが、何かを成し遂げたいと思った吉田さんは、ダメな自分と決別するために歩くことを決意したそうです!

そんな吉田さんがいったいどこの大学を卒業しているのか気になったので調べてみましたが……明らかにされていないようでした!

資金やスポンサーは?

yosidamasahito6

ロシアで20km犬がついて来た時をのぞけば、ただひたすら孤独に歩き続けたという吉田さん。

彼のブログにはその旅を支えてくれたスポンサーの会社名がずらりと並んでいます!

株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン

株式会社ナガノ

井上ゴム工業株式会社

レザーマンツールジャパン株式会社

株式会社アライテント

株式会社ナンガ

株式会社エバニュー

株式会社キャットアイ

武田レッグウェアー株式会社

株式会社インパクトトレーディング

株式会社バッファロー

Cascade Designs, Inc

株式会社モチヅキ

ベルボン株式会社

吉田さんの活躍が世間に知られるようになってから、その活動を知った多くの企業が旅に必要な物資を無料で提供してくれたそうです!

ただ、資金の援助を受けていたかどうかは明らかにされていませんね!

彼のブログでスポンサーとしての記載はないようですが、ウルトラライトダウンは重宝したようですね!

yosidamasahito7

吉田さんを世界一周旅行中にずっと支え続けたこのリヤカーは、ナガノリヤカーという会社の商品です!

アルミ製なので丈夫で軽く、雨にも強いという最高のリヤカーですね!

砂漠も、極寒の地も歩きぬいた吉田さんですから、彼が身に着けているものの一つ一つが耐久性を証明していると言えます!

そう思うと、彼自身、歩く広告塔なのでしょうね!

世界一周を終えた今、一日も早く新しい仕事に就けることをお祈り申し上げます!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする